2015年8月10日月曜日

ESCAPE番外編―『かりそめ』(第七話)R18 

ESCAPEの番外編
『Aquarius』 の雨宮教授と岬伊織の、その後

TAG index
ESCAPE本編はこちら









― かりそめ ― 第七話

続きからどうぞ↓








「…… 綺麗だよ」

 教授の視線に、肌が灼けるように熱い。

 漆黒の瞳が映しているのは、僕の身体だけれど、僕じゃない。

 満月になる前の少し欠けた月の灯りは明るすぎて、不安になってしまう。

 似ているけれど、僕と潤さんは確かに違うと、教授が気付いてしまうんじゃないかと。

 そうしたら、教授は僕から離れてしまうんじゃないかって。

 『伊織』と僕の名前をぎこちなく呼んでくれる教授が好き。だけど教授が僕自身を認めてくれればくれるほど、必要とされなくなってしまいそうで怖い。

 だから僕は、月灯りに顔を背けて身を捩る。教授の視線から逃れたくて。

 また花火の音がする。間隔を空けずに続けざまに打ち上げられて、心臓がドクドクと早鐘を打ち出した。

 どうか気付きませんように。僕が僕であることに。

「愛しているよ」

 教授は横を向いた僕の身体を抱き起こし、耳元にそう囁く。

 ―― 愛しているよ、潤。

 そう言ってくれたように聞こえた。

 胸の奥が哀しくて、嫉妬で狂いそう。だけど、だから一緒にいられる。その嬉しさの方が勝ってる。

 ―― 僕は、雨宮 潤として生きていくと、あの日、そう決めたのだから。

 浴衣を羽織ったままの身体を教授は後ろから抱き寄せて、回された手が僕のそそり勃つ中心を握る。

「…… あっ… ッ」

 上下に扱かれれば、すぐに先端から溢れ出した雫が濡れた音を立て始める。

 そうしながらも、うなじから肩へと口付けが落とされていく。

「―― あ… う……ッ…ん」

 胸の尖りを弄っていた指が喉元へと這い上がり、顎を捕らえられて唇を奪われる。

 熱い舌を絡め合わせて、至近距離で漆黒の瞳に見つめられ、上下する手に急速に追い詰められていく。

「……ッ、ん…、ま、って……」

 唇が僅かに離れた隙間から、なんとか訴えると、教授の手の動きは少しだけ緩やかになった。

「…… 何?」

「…… 浴衣、汚れちゃう」

 乱れた浴衣の裾が腰から脚に絡まっていて、このままでは確実に汚れてしまう。僕は腰を浮かせて纏わり付く布を取り払おうとした。

「構わないよ」

 だけど教授は、そう言うと気にすることもなく、僅かに浮かせた僕の腰を引き寄せて、上下させる手の動きを速めていった。



第八話← →第六話

目次 


(つづきます・・・)

ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿