2015年8月6日木曜日

ESCAPE番外編―『かりそめ』(第五話)

ESCAPEの番外編
『Aquarius』 の雨宮教授と岬伊織の、その後

TAG index
ESCAPE本編はこちら









― かりそめ ― 第五話

続きからどうぞ↓








「… 始まったようだね。」

 そう言って教授はゆっくりと立ち上がり、東の空を仰ぐ。

 少し間を空けて、また音が聞こえてきた。

「… 花火?」

 雷鳴のように聞こえたその音は、今夜隣町で行われている花火の打ち上げられる音だった。

「やっぱりここからでは、花火の端しか見えないね。二階だともう少し見えるはずだけど、上がってみるか?」

 そう言って行きかけた教授の浴衣の袂を、僕は思わず掴んで引き留めた。

「… どうかした?」

「… あ、いえ…、僕はここで飲んでますから。」

 慌てて手を離したけれど、教授の瞳は窺うように僕を見つめてくる。

「… 花火大会に行きたくなかったのは人混みが苦手なせいばかりじゃなかったようだね。」

 そう言って、宥めるように僕の頭に手を置いて、教授はまた隣に腰を下ろした。

 連続で上がる花火の音は、ここから距離はあるのに、まるで間近で上げられているように大きく聞こえて、僕は知らずに身を強張らせる。

「もしかして、あの音が苦手なのかな。じゃあ窓を閉めて中に入ろうか。」

「いえ…、大丈夫です。」

 違うんだ。音が怖いわけじゃないし、夏の夜空を彩る花火は本当に綺麗だと思う。

 僕は、そっと教授の肩に寄りかかった。教授から僕の顔が見えないように。

 過去の出来事も、もう僕の中では消化できていて、そのことがフラッシュバックするとか、そんな事もない。

 だけど、どうしようもなく不安になるんだ。花火の夜には何かが変わってしまいそうで。

 昨日まで幸せだと思っていた生活が全部嘘で、明日から現実に引き戻されるんじゃないかって。

 また運命が違う方向に変わってしまうんじゃないかって。

「伊織?本当に大丈夫か?」

 ぎこちなく僕の名前を呼んでくれるのが、嬉しくて、少し擽ったい。

 だけど、教授がそんな風に、少しずつ僕の存在を認めていってくれるのが怖いんだ。

  だって僕は…… 教授が愛するただ一人の存在になりたい。… だから……

「… 大丈夫です。」

 肩に頭を預けたまま、教授の細くて長い繊細な指に指を絡めてそう答えると、もう片方の手が僕の顎を掬い上げ、目を合わされる。

 今、教授の瞳に映っているのは、僕?…… それとも…。

 指の背で頬をひと撫でし、ゆっくりと教授の顔が近付いて、見つめ合ったまま唇を重ね合わせた。

 


第六話← →第四話

目次 


(つづきます・・・)

ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿