2015年8月8日土曜日

ESCAPE番外編―『かりそめ』(第六話)

ESCAPEの番外編
『Aquarius』 の雨宮教授と岬伊織の、その後

TAG index
ESCAPE本編はこちら









― かりそめ ― 第六話

続きからどうぞ↓








 啄ばむようなキスをくれてから、見つめ合ったまま教授の指が僕の唇に触れる。

 その指に軽く唇を開かされて、教授の舌が咥内に滑り込んでくる。

「…… ん…、ん…」

 すぐに僕の舌は甘く絡め取られ、咥内で縺れ合い始める熱。

 情欲に濡れた漆黒の瞳は、僕に視線を合わせたまま決して離れることはない。

 ーー こんな時、潤さんはどんな表情をするんだろう。どんな声を出すんだろう。

 顔も見たことのない、僕にそっくりな少年を思い浮かべて真似をする。

 教授の指が僕のうなじに触れて、引き寄せられながら唇を合わせる角度を変えると、口付けはもっと深くなる。

 教授に触れられているうなじが熱い。

 もうそれだけで、身体中に痺れるほどの快感が駆け巡っていく。

 打ち上げられる花火の音と、「伊織…。」と、耳元でぎこちなく囁く教授の声が重なる。

 ーー 今は、その名前で呼ばないでほしい。今は、教授が愛するただ一人の人になりたいから。

 口付けを交わしながら、うなじに触れていた指が前へと滑り落ち、衿の合わせの間へ挿し入れられる。

「…… あっ……、」

 指先が、胸の尖りを探り当てた途端に、僕は堪えきれずに、合わせた唇の隙間から声を漏らした。

「…… ん……ッ…」

 指の腹で優しく其処を撫でられて、身体の奥に火が灯る。漏れてしまう声を教授に聞かれたくなくて、僕は教授の肩に顔を埋めた。

「… 伊織。」

 教授の声の後ろで響く花火の音が、僕の気持ちを焦らせる。

 教授の浴衣の袖をギュッと握り、僕は快感と不安を逃そうとしていた。

 優しく髪を撫でられて、宥めるように頭の上にキスが落とされる。

 ーー 潤さんも、こんな風に愛されたのだろうか。壊れ物を扱うように、優しく、優しく。

 ゆっくりと広縁に押し倒されて、教授の顔の後ろに夏の夜空が広がっているのが見えた。

 もう一度深くキスを交わして、唇は首筋から胸元へと降りていく。懐を大きく広げられて胸の尖りに熱い舌が這う。

 教授の手は下肢へ伸び、浴衣の上前をめくり太股を撫でていく。

 僕は教授の愛撫に、声を漏らさないように唇に手の甲を押し当てて、広縁の上で泳ぐ。

 さっき着たばかりの浴衣は乱れ、夏の夜の生暖かい風が肌を掠めた。

 教授の指は、最後に帯と腰紐を解き、浴衣の前を開いていった。愛する弟のためだけに教授が染めた浴衣を。



第七話← →第五話

目次 


(つづきます・・・)

ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿