2015年8月12日水曜日

ESCAPE番外編―『かりそめ』(第八話)R18

ESCAPEの番外編
『Aquarius』 の雨宮教授と岬伊織の、その後

TAG index
ESCAPE本編はこちら









― かりそめ ― 第八話

続きからどうぞ↓








 後ろから抱きしめられて、背中に教授の体温が伝わってくる。

 耳元にかかる吐息や、布越しにも感じる熱い猛りに、腰の奥が熱く疼いた。

 教授が本当に愛しているのは潤さんなのに、自分が求められている錯覚をしてしまいそう。

 溢れる先走りで濡れそぼつ半身に、長くて繊細な指を絡めて、教授は僕を頂点まで容易く追い上げていく。

 夜空に響く花火の音と、僕の荒い息遣いが混ざり合う。

「―― あ… っ、ダメ… イきそう……」

 限界を訴えて、教授の動きを止めようと重ねた僕の手は、呆気なく引き剥がされてしまった。

「いいよ、いきなさい」

 耳から腰の奥へとダイレクトに響き渡るような甘く優しく低い声に囁かれて、僕の身体は快感に震えてしまう。

「ーー っ… あ…」

 パタパタと、注染の格子柄に白濁が散っていくのを、ただ茫然と見ていることしかできなかった。

「… 浴衣が……」

「構わないと言っただろう?」

「っ…、ん ……」

 後ろから顎を引き寄せられて、肩越しに唇を塞がれる。まだ整わない荒い息ごと、言いかけた言葉も呑み込まれていく。

「ん、っ……ふ、ぁ……」

 僕の好い処を撫でていく熱い舌先に、咥内が蕩けさせられて、まだ余韻の残る身体はどうしようもなく熱くなってしまう。

「此方を向いて…」

 教授は、唇が触れ合う程の距離でそう囁いて、腰から脚に絡みついた浴衣ごと、僕の身体を回転させた。

 熱の篭った眼差しに正面から真っ直ぐに見つめられると、どうしようもなく切ない想いが込み上げてしまう。

 その瞳の中に映っているのは、教授の染めた浴衣を着た潤さんなのでしょう?

 肌蹴た胸を愛おしそうに滑っていく繊細な指に、胸が締め付けられる。

 教授は…、この浴衣を着た潤さんを抱いている…。

 浴衣の裾を捲った教授の膝に向かい合わせに跨るようにして座れば、教授の指が腰をなぞり、僕の後ろの秘部を探る。

 中へと挿ってくる指の感触に僕は息を吐き、教授に身体を委ねながら、お互いの肌の間にある教授の猛りに、そっと手を伸ばした。

「…… 熱い」

 掌に感じる熱を握り上下させれば、教授は熱い吐息をひとつ零して、小さく笑う。

「早く欲しくて堪らないんだよ」

「僕も…、僕も早く欲しい」

 分かってる。教授の欲しいものはちゃんと分かってる。

 ちゃんといつものように演じてみせるから、身体だけでも教授とひとつに溶け合いたい。


第九話← →第七話

目次 


(つづきます・・・)

ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿