2015年8月13日木曜日

ESCAPE番外編―『かりそめ』(第九話)R18

ESCAPEの番外編
『Aquarius』 の雨宮教授と岬伊織の、その後

TAG index
ESCAPE本編はこちら









― かりそめ ― 第九話

続きからどうぞ↓








 教授の肩に手を置いて腰を浮かせば、指先が秘部を割り開き、熱く濡れた切っ先が後ろの入り口を突つく。

「あ……っ」

 それだけで僕の淫らな身体は感じて、甘い痺れが背筋を駆け抜ける。

 早く欲しくて、強請るように腰が揺れてしまうのを堪えて、教授の首にしがみ付いた。

 だって、高校生の時に亡くなった潤さんが、僕みたいにはしたなく教授を求める筈がない。

「どうした?そんなに力を入れると挿らないよ」

 低く響く声に強張った身体から力が抜ける。

 教授に腰を掴まれて、ゆっくりと下へと身体が落とされていく。

「んッ…… あぁッ!」

 先端が埋め込まれて、教授が僕の中の細い路を押し広げながら挿ってくる感触に、思わず声をあげてしまう。

 少し苦しくて、熱くて、ぞくぞくする。

 教授の浴衣の肩を握る指に、知らずに力が入ってしまう。

 微かに教授が吐息を零したのが聞こえてきた。

 たとえ心は他の人のものでも、教授が僕の身体で感じてくれているのが嬉しい。


「 あ……ァ、…ンッ… は…あッ」

 相変わらず聞こえてくる花火の音は、僕の声が掻き消してしまう。

 緩やかな抽送から、腰を掴まれたまま下から激しく突き上げれて、僕の身体は教授の膝の上で踊るように跳ねていた。

 身体の奥深くを、教授の熱が押し上げて、融けてしまいそうに熱い。

 漆黒の瞳があられもない声で喘ぐ僕をじっと見上げていて、快感と不安な気持ちが交差する。

 ちゃんと僕は、潤さんを演じれているだろうか。

 教授に嫌われてしまわないだろうか。

 後頭部に回った手に引き寄せられて、下から噛み付くような口づけをくれる。

「ん…ッ、…んッ」

 僕の咥内を翻弄しながら下から突き上げる熱に、感じる処を的確に攻め上げられて、脈打つ自身の水位が増していく。

「…は…ぁッ…、ん…、ンッ……」

 重ねた唇の隙間から零れる僕の声と、教授の荒い息遣い。

 強すぎる快感から逃げを打ち、広縁に降ろした足に体重を載せると、板張りの床が軋む音が鳴った。

 身体の中を駆け巡る熱に、教授が好きという感情が込み上げて、溢れていく。

「…あ、ッ…、せん」

 その瞬間響き渡った、連続で上がる花火の音に、思わず言ってしまいそうになった言葉を思い留めた。

 今、教授に抱かれているのは、僕じゃないのだから。

 初めて教授に抱かれた日から、それは自分で決めたことだった。

「…兄さん、…あ…っ、あ、…ンッ」

 最奥を強く貫く熱に、言葉はそこで途切れて、瞼の裏を閃光が走る。

 ビクビクと腰が震えて、体内を巡っていた欲を迸らせた。

 少し遅れて、僕の中で教授の躍動する熱が弾けて広がるのを感じた瞬間、教授の唇から僕の名前が零れ落ちるのを聞いた。

「…… 伊織……」

 目頭が熱くなる。

 ―― どうして…、僕の名前を呼ぶの。

 鳴り止まない花火の音が僕の気持ちを不安にさせていた。



第十話← →第八話

目次 


(つづきます・・・)

ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿