2015年11月25日水曜日

R18BL短編『うそつき』(11)


はじめて読む方は、こちらから。




(11)


 ずっと……二十年間、キスだって経験したことがなかった。

 誰かと、こんな事をしてみたいって、心のどこかで思ってたなんて、今日会ったばかりのこの人に、知られてしまったことが恥ずかしい。


「―― あっ、」


 背後から、熱い塊が窄まりに当てがわれて、反射的に這うように前へ逃げた俺に、西脇さんは、「逃げちゃ駄目でしょ。」と言って引き戻す。

 初めて他人のそれを受け入れることへの怖さと、そして期待で、頭の中が一杯になってしまっていた。

 こんな事、駄目だと思っているのに、だけど頭の中でもう一人の俺が、悪魔のように囁いている。


 ―― いいじゃん、やってみたかったんだし。――


「何、ごちゃごちゃ考えてんのっ?」


 そう聞こえた瞬間に、押し付けられた塊が、小さな窄まりを割り広げて挿ってきた。


「っう、」


 痛みはあったけど、我慢できない程じゃない。思っていたよりも滑らかに、奥への細い道を開いていく。


「……初めてなのに、柔らかいね。千聖がエッチな子で良かった。」


「―― あっ……、や……!」


 前に回った西脇さんの手に、胸の尖りを弄ばれて、無意識に後ろを締め付けてしまっていた。


「いい締めつけだな。中がまるで悦んでるみたいに絡み付いてきてる。」


「――言う、なっ、」


 言葉に煽られるように、腰の奥が熱く疼く。

 じわりと自分の先端から溢れてくる雫が、シーツを汚しているのを認めたくなくて、目を逸らした。


「可愛いね、千聖。」


 耳元で、また嘘を囁いて、西脇さんが腰を動かし始める。


「―っ、あ……ぅ、―っ、」


 自分のとは思えないような、甘い声を漏らさないように握った拳を、唇に押し当てた。

 初めてなのに、身体の中は快感を拾って、勝手に収縮する。

 内壁を擦る、焼け付くような熱い杭を、自分から更に奥へと誘い込むように。


「声、もっと聞かせてよ。」


 身体を反転させられる。




続きます。。



next←(11)→prev

目次


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ





0 件のコメント:

コメントを投稿