2015年11月28日土曜日

R18BL短編『うそつき』(14)


はじめて読む方は、こちらから。




(14)


 小学生以来かな。

 そんなどうでも良い事を考えながら、仄暗いホテルの部屋で独り、俺はひたすら泣き続けた。

 頭が痛くなるくらい泣いて、俺は漸くバスルームへ向かった。
 
 頭から熱いシャワーを浴びていると、後ろに違和感を感じる。


「……っ、」


 生暖かいそれは、後孔から内腿を伝い落ちていく。

 中に出されたあの瞬間、アイツの言った言葉を思い出して、また頭に血が昇る。


 ――『別にいいでしょ? 男は、妊娠しないから。』


「くっ、最低だ!」


 バスルームの壁を拳で思い切り叩いてみたって、自分が痛いだけでどうしようもないのに。

 馬鹿だ、俺。

 こんな事になったのは、自分にだって隙があったからだ。


 ――『そんなに欲しい?』


 きっと、物欲しそうにしているように見えたんだ。誘われて、結局此処まで従いてきてしまったのは自分なんだから。

 ホント、馬鹿だ…俺。


 ―― 帰ろう……。


 泊まっていけばいいなんて言われたけど、こんな所で朝までゆっくり過ごす気になんてなれない。


 シャワールームから出て、自分の服がどこにあるのかと、部屋を見渡すと、下着と靴下は、綺麗にソファーの上に置かれていて。


「あれ…… 他の服は……?」


 クローゼットを開けてみると、コートと中に着ていたシャツや、ジーンズなどが綺麗にハンガーに掛けられていた。

 何これ……、無理やりホテルの部屋に連れ込んだにしては、丁寧過ぎるだろ。


 ――『…吐いたりして服を汚してもいけないしね。』


 ああ言ったのは、あながち嘘でもなかったんだろうか。そんな事が頭を過るけど、すぐに首を振った。


 ―― そんな訳ないだろ。


 良い様に考えたって、アイツがしたことは変わらないんだから。





続きます。。



next←(14)→prev

目次


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ








0 件のコメント:

コメントを投稿