2015年11月15日日曜日

R18BL短編『うそつき』(2)


はじめにこちらをお読みください。




(2)


「こいつもまだ休憩行ってないんだけど、この辺初めてだからさ。」


「え…… はい、いいですけど。」


 こいつ、と高岡さんが指差したのが、あの一際目立っていたイケメンだった。

「悪いね。」と、にっこり笑ったその人は、優しそうな上に、文句なしにカッコよくて、大人な感じで、俺はその笑顔にすっかり騙されてしまった。




      *


 もう三時も回っているのに、飲食店はどこもいっぱいで、結局てっとり早くファーストフードの、ガラス張りで通りに面しているカウンター席に座り、肩を並べてハンバーガーを食べた。




「へえ、君、バイトくんなんだ。えーと.…」



「樺木です。」


俺がそう応えると、その人は笑いながら言った。


「樺木くん?じゃあ、かばちゃん…?」


――か、かばちゃん…?


名字で、そんな風に呼ばれたのは初めてで、しかもずっと年上で取引先の初対面の人に言われて、冗談なのか本気なのか分からずに、俺は一瞬固まってしまった。



「て、呼んでもいいけど…、うーん、そうじゃなくて下の名前、なんだっけ。」


「ち、千聖です。樺木千聖。」


「そうそう、千聖だ。さっき店長に名前呼ばれてたじゃない。うん、可愛い名前だね、じゃあ千聖って呼んでいい?」


――な? いきなり呼び捨て?


「あはは、真っ赤になっちゃって、可愛いな千聖は。」


「か、可愛くなんかないです!」


 なんか、見た目はモデルみたいだし、カッコいいし、大人だって思っていたのに、中身は全然違うっ!


「俺は、西脇志芳(にしわき しほう)っての。あ、志芳って呼んでね。」


見た目の好印象とは違い、中身は軽いっていうのが第一印象だった。


          *


「千聖くん、もう時間だし上がっていいよ。お疲れ様。」


店長に言われて時計を見ると、十九時を回ったところ。

営業時間は二十一時までだけど、俺の今日のシフトは十時から十九時までだった。

 まだ店内は、かなりの入りで商品も乱れに乱れている。


「大丈夫ですか?俺、少しくらいなら残業しても良いですよ?」





続きます。。。

next←(2)→prev

目次


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




0 件のコメント:

コメントを投稿