2015年11月20日金曜日

R18BL短編『うそつき』(7)


はじめて読む方は、こちらから。




(7)


「……な……に……言って…… 結婚してる…… くせに……。」


「大丈夫、俺、男も女も、どっちもいけるタイプだから。」


 は?…… そういう問題じゃないと思うんだけど…… と、反論したいのに、何故か上手く喋れなくて、なんか瞼が重くて。


―― あれ? どうしたの? ――


 西脇さんの声が、すごく遠くに聞こえた気がしていた。



       *



 唇に何か冷たくて柔らかいものが触れて、僅かに開いた隙間から咥内へ少量の水が流れ込んでくる。

 なんだか凄く喉が渇いていたから、俺は戸惑うことなく喉を鳴らして、それを飲み込んだ。


 ――あれ? なんだ? 今の……。


 なんか夢をみていたような気がするんだけど……

 漸く意識が覚醒してきて、薄く瞼を開けると…… 綺麗過ぎる男の顔が目の前にあった。


「目、覚めた?」


「はぁ。」


 至近距離に見える西脇さんの顔が、うす暗い灯りに照らされていて、その後ろには見たことのない天井が……。


 ――え?


 俺は驚いて起き上がろうとした。

 だけど身体が重くて、いうことを利かない。


「どうしたの?もっと飲む?」


 そう言って、ベッドの縁に座っている西脇さんは、手にしているグラスを揺らした。

 カランと、グラスの中の氷が音を立てる。

 上手く思考が働かなくて、今の状況が掴めない。


「あ、あの、ここどこですか。」


「どこって……、ホテルの部屋だけど?」


 そう言って、西脇さんはグラスの水を口に含んで、俺の唇にそれを重ねてきた。


「―― んっ!」


 唇の隙間から、さっきよりも多めの水が、俺の咥内に送り込まれてくる。

 口端から一筋溢しながら、流込んできたそれを、俺はどうすることもできずに、コクッと音を立てて、飲み込むしかなかった。




続きます。。



next←(7)→prev

目次


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ





0 件のコメント:

コメントを投稿