2015年11月22日日曜日

R18BL短編『うそつき』(9)


はじめて読む方は、こちらから。




(9)


「可愛いね、キスだけで感じちゃったの?」


「な? うわっ!」


 上掛けをパッと捲られて言われた言葉に、俺が何も着ていないことに、初めて気が付いた。


「アンタ、本当に最低だ。」


「だって酔ってたから、苦しそうだったし、吐いたりして服を汚してもいけないしね。」


 そんな子供騙しな嘘をよく言うと、呆れてしまうけど、下から睨んだくらいじゃ、この人にはちっとも効きそうになくて。

上掛けを剥ぎ取られて、さらけ出された肌が、西脇さんの視線に灼かれたように熱い。

 さっきのキスだけで、しっかりと勃ち上がっているそこに、西脇さんの指が絡められて、思わず身体が跳ねた。


「あっ、や、……ッ」


 跳ねる身体を押さえ付けるように、西脇さんが体重を掛けてきて、また唇が塞がれる。

 俺の咥内を弄びながら、片手は俺の屹立を握り上下させ、もう片方の手の指先が乳首を弄る。


「―ッ、ん……、うぅ……っ!」

 
 西脇さんの手が上下する度に、溢れ出す先走りがクチュクチュと淫らな音を立てた。
 
 人に触られるのなんて初めてで、もうすぐにでも達してしまいそうな予感に、俺は慌てて首を横に振って、キスから逃げた。


「―いやっ、だっ!」


 そう訴えているのに、返ってきた言葉は、


「愛してる、千聖。」


 そうして、唇が首筋から胸へと下りていく。

――愛してる、なんて、この人はきっと誰にでもそんなことを言ってるんだ。奥さんがいるのに、そうやって適当に遊んでいるんだ。

 そう分かっているのに、与えられる刺激に身体はすぐに反応してしまう。


「…… あ……っ、」


 唾液を含んだ舌に、硬く尖った胸の先を転がされて、思わず背中が撓る。


「あれ、ここ気持ちいいの?もしかして、もう誰かが開発済みだった?」


「ーッ違……!」


 言われた言葉に顔が熱くなる。自分が女の子に興味がないって気が付いたのは、いつだっただろう。

 いつも気になってしまうのは、同性ばかりで。






続きます。。



next←(9)→prev

目次


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ






0 件のコメント:

コメントを投稿