2015年12月4日金曜日

R18BL短編『うそつき』(20)


はじめて読む方は、こちらから。




(20)



 だけど……、用意した食事は、独りでなんて食べる気がしなくて、結局無駄になるんだけど。

 だから、誕生日のバレンタインデーに温泉に一泊旅行なんて。

 しかも土日なんだから、期待なんて初めからしていなかった。

 こんな関係も、長く続くわけがない。また新しい誰かを見つけたら、そっちにいくに決まっている。恋人だなんて思っていないし、ましてや愛人てわけでもないんだ。

 西脇さんにとって俺なんて、ただの…… 暇潰しの相手でしかないんだ。

 そして、俺も、西脇さんのこと……。

 恋人じゃないから、別に苦しさとか、切なさなんて感じたりしない。

 だからこういう関係になっても、奥さんに悪いとか、後ろめたいとか、そういう感情は俺にはあまり無かったのかもしれない。



       *



 そう……、こんな関係、長続きするわけがない。

 近い未来には、終わるんだと理解していたし、それが悲しいなんて思っていなかった。

 でも、その日は、あまりにも突然訪れた。


「千聖くん、電話入ってるよ。」


 接客を終えて、お客様を見送った直後に、店長から声を掛けられた。


「電話?俺にですか?」


 店に私用の電話が掛かってくるなんてことは、ありえなかった。誰にもここでバイトをしていることを教えていなかったから。


「誰からですか?」


「西脇さんて人。」


 ―― え?


 西脇さんが店に電話してくるなんて、何かの間違いじゃないかと思った。

 取引先とアルバイトが、個人的に付き合っているなんてこと、知られないようにって、西脇さんはすごく気を遣っていたから。

 何かあったのかもしれないと、嫌な予感が頭を過る。だけど店長はニヤニヤしながら、俺の腕を軽く肘でつつく。


「女の人だよ。彼女?」


 その言葉に、頭が真っ白になった。

 女の人で西脇って、一人しか思い浮かばない。





続きます。。



next←(20)→prev

目次


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ








       *

0 件のコメント:

コメントを投稿