2015年12月10日木曜日

R18BL短編『うそつき』(25)


はじめて読む方は、こちらから。




(25)


 *


 『今度来る時は、泊まるよ。』


 そんなことも言ったことがあったけど、ただの一度だって、俺の部屋に泊まったこともない。

 いつだって、自分の都合の良い時だけやってきて、食事の支度をして待っていた夜だって、

『晩飯、今日はいいや、腹減ってないし。』と、言って食べずに、でも、セックスはするんだ。そして、必ず奥さんの待つ家に帰って行った。


『じゃあ、土、日で、泊まりがけで何処か行こうか。』


『そうだな、温泉とか行かない?部屋に露天風呂があるところとか!』


 無理な約束ばかりいっぱいして、結局、貴方は一度も約束を守ってくれることはなかったね。


『愛してるよ、千聖。』


『お前といると、嫌なことなんて全部忘れる。』


『千聖は俺の癒やしだな。』


『お前は、俺のやり甲斐だ。』


 貴方の口から出る言葉は、全部うそだった。分かっていたのに、なんでこんなに胸が苦しいんだろう。

 貴方のことなんて、好きじゃなかったのに。恋人でも、愛人でもない、ただの…暇潰しだって、分かっていたのに。

 なんで、こんなに…… 涙が止まらないんだ。


      *


 俺はバイトだから、もうあの人に会うこともない。

 一緒に過ごした夜は、数えることが出来るくらい少ないのに、なかなか忘れることができなくて。

 あれから一年が過ぎたのに、まだ心の奥に西脇さんの存在が確かにあって、それでも忘れたふりをして、一生懸命に前を向いていた。

 そんなある日、西脇さんと同じ会社で、うちの店の営業担当だった高岡さんが、久しぶりに巡回に来た。

 去年の秋に自社ブランドのショップの担当になってから、俺のバイト先の店は他の人が担当するようになっていた。


「久しぶりだね、千聖くん。」


「本当ですね、高岡さん担当が変わったから、今年の周年祭の時もいなかったですしね。」


 自分でそう言って、去年のあの催事初日の光景が頭を過ぎってしまう。







続きます。。



next←(25)→prev

目次


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ






0 件のコメント:

コメントを投稿