2015年12月12日土曜日

R18BL短編『うそつき』(27)

はじめて読む方は、こちらから。




(27)



 バイトを終えて、帰宅する途中、ケーキ屋の前でバレンタインデーと書かれたポスターが目に入って、「…… ああ、俺、今日誕生日じゃん。」と思い出した。

 別に誕生日だからって、今年も何も変わらない。

 ケーキでも買って帰ろうかなと、ちょっとだけ思って店に入りかけたけど、やっぱりやめた。


 ―― 独りでケーキ食べたって、虚しいだけじゃないか。


 自嘲しながら、店の前を通り過ぎた。

 今夜は、底冷えがして、空からはチラチラと、雪が舞い降りていた。マフラーを口元まで引き上げて、アパートまでの道を急ぐ。早く、帰って熱い風呂に浸かりたい。

 薄灯りに照らされた階段を駆け上がり、踊り場の辺りで鞄の中に手を突っ込んで、部屋の鍵を探した。


「あれ…?どこに入れたっけ。」


 なかなか見つからない鍵を手探りで探しながら、階段を上がりきると、自分の部屋の前に誰かが座り込んでいる影が見えた。


「…… え?」


 最初は、酔っ払いか何か?と思ったんだけど、その人影は俺に気付いて立ち上がる。

 はっきり見えなかった顔が、ポーチライトに照らされる。

 その人は、手に旅行にでも行くような鞄を持っていて、にっこりと俺に微笑みかけて言った。


「誕生日おめでとう千聖。」


「な? なんで?」


 驚き過ぎて、声が裏返ってしまっている俺に、西脇さんは不思議そうな顔をする。


「なんでって、何そんな驚いてんの。誕生日に温泉に行くって約束しただろ?」


 迎えに来たよ。と、笑いながら、呆然としている俺の身体を抱き寄せる。

 ふわりと西脇さんの煙草の匂いが鼻腔を擽って、懐かしい想いが溢れ出してきそうになった。


 だけど、――『俺も、本気じゃないよ。』


 それと同時に、あの最後の言葉が頭に浮かんできて、力一杯腕を突っ張って、西脇さんから身体を離した。


「ちょっ、ちょっと、放してくださいっ!」


「何だよ? つれないなぁ、久し振りの抱擁なのに。」


「何言ってるんですか!もう俺と貴方はそんな関係じゃないでしょう?」


 俺の言葉に、西脇さんは何も返してこなくて、困ったように眉を下げた。






続きます。。




next←(27)→prev

目次


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ






0 件のコメント:

コメントを投稿