2016年1月20日水曜日

R18SSリレー『サクランボとクリスマス』(4)


★初めて読む方は、こちら から ↓

http://swepara.blogspot.jp/p/blog-page_17.html

tonberi & zu-cha 140SSリレー
『サクランボとクリスマス』

青い字が、tonberi
赤い字が、ずーちゃ です。


続きからどうぞ…↓








 雄々しくそそり勃つ幹を、喉に当たるまで呑み込んでいけば、落ちてきた熱い息が伊織の髪にかかった。

 もっと感じて。そして何もかも忘れて、李央が自分から離れられなくなればいい。


「…ん、…ふ…ッ」


 唇を窄めて舌を絡めながら頭を上下させれば、咥内の熱い塊がまた硬度を増した。


「あ…ッ、はは……上手だね、伊織」


 視線を下げ、自分の下腹部で頭を上下させて口一杯に頬張る姿を凝視した。
 
 根元まで咥えられ、亀頭が喉奥に当たる度に快感が増幅していく。


「ン、伊織…おいしい?」


 手を伸ばし、サラサラと揺れている伊織の髪に指を通し頭を撫でた。


 一旦唇を離すと、張り詰めた先端へ舌を伸ばし、溢れ出てくる雫を舐め取りながら、伊織は李央を上目遣いで見詰めて「美味しいよ。」と微笑んだ。


「李央は?」


 片手で支えながら首を傾げて裏筋を舐めあげていく。


「さっき僕の出したの、舐めてたでしょ?美味しかった?」


 伊織の赤い舌があちこちに巻き付き、いいところを舐め上げて李央の腹筋に力が入る。


「ぅ、ン…あの味に勝るモノはないからね。伊織のはおいしかったよ」


 伊織の質問に答えると、さっきまで舐めていた掌を伊織へ伸ばし夢中でしゃぶっている口元へ持っていく。


「確かめてみる?」


 差し出された手を取って、伊織は悪戯っぽく笑う。


「ふふっ…李央ってホント悪趣味。」


 言いながらも自分の欲で汚れた李央の掌に舌を這わせた。


「自分のなんて、たいして美味しくもないけど…」


 指の間や付け根を一本ずつ丁寧に舐めなら、もう片方の手で李央の半身を扱いていく。


「普通とかつまらないじゃん?」


 自分の味に少ししかめっ面な伊織の顔が可愛い。掌も舐められ、擽ったさに李央から笑みが零れる。


「伊織、手はいいからもう一回咥えてくれる?」


 舐められていた手を自分のモノへ伸ばし、伊織の手と重ねると先走りの溢れている先端を差し出した。

 チラリと李央を見上げて、伊織は先端に溢れる先走りへ舌を伸ばして舐め取った。


「やっぱり、こっちのが美味しいよね。」


 言われた通りにもう一度先端からゆっくりと喉奥まで頬張ると、さっきよりも硬く大きくなった李央の味が咥内に広がった。

 唇を過ぎ、舌の上を通り、喉奥で締められた快感に李央は目の前の壁に手を突いて頭をうなだれた。


「ふっ、ン…伊織…」


 直ぐそこまでせり上がってきた開放感に揺れしまいそうな腰を堪えて、更に腹筋に力を入れる。


「あぁ…もう出そう…」


そう漏らすと扱かれるスピードが速まった。






続きます…


next← (4) →prev




ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿