2016年2月9日火曜日

R18ssリレー『サクランボとクリスマス』(13)


★初めて読む方は、こちら から ↓

http://swepara.blogspot.jp/p/blog-page_17.html

tonberi & zu-cha 140SSリレー
『サクランボとクリスマス』

青い字が、tonberi
赤い字が、ずーちゃ です。


続きからどうぞ…↓








 伊織の願いをすぐには叶えず、李央は身体を起こし伊織が落ち着くのを待った。


「伊織、気持ちよくなりたい?」


 そう聞けば当たり前に頭が上下する。


「なら俺の言う通りにしてね。」


 今から何をされるのか…渇いていた筈の口内がその言葉に反応するようにジワリと濡れ、伊織は不安げに頷いた。

 李央のモノが伊織の体内をいっぱいに押し開いていて、少しでも動けば、あの部分に擦れるのに…

 李央がなかなか動いてくれないのが焦れったくて、無意識に伊織の腰はゆらゆらと揺れてしまう。


「ダメだよ伊織、勝手に動いちゃ」


 そう言うと李央は伊織の腰を咎めるように両手で押さえた。


 「悪い子だな伊織は」


 愉しそうに笑う李央は、力無く広げられている伊織の膝に手を置き、胸へ付くように押し開いた。


「自分で脚持って。」


 自ら恥ずかしい格好を取ることに赤面した伊織の手を取り、李央が膝裏へと導く。


「気持ちいい事してあげるから、ね?」


 広げ方が甘いと膝を力強く押した。


 「っ…」


 無理な体勢に少しの痛みが走るけど、それよりも繋がっている部分を晒すような体勢が恥ずかしい。

 李央のモノを奥まで咥え込み、それでもなお物欲しそうにひくつくそこをじっと見られていることに、更に顔が熱く火照りそして期待感が膨らんでいく。


「気持ちいい事って何を?」


「内緒」


 ニコリと笑う李央は、脚を踏ん張りゆっくり抽送を再開させた。

 伊織の様子を伺いながら腰を引き、またゆっくり腰を突き出す。

 エラの張った部分がずぶりと飲み込まれ、少し腰を進めたその場所。


「うっンン──」


 押し殺した伊織の声と共に腰が逃げていく。


「ここが好きなんだよね?」


 反射的に逃げたけれど 「ん、あぁっ…好き…」と、伊織は何度も頷いた。

 脚を持っているようにと言われたことも忘れて、膝裏を抱えていた手が緩み、爪先がシーツに落ちた。


「ね、李央…お願い。そこもっとして…」


 じれったくて李央の首に腕を回して、強請るように腰を突き上げる。


「だから脚持ってないと気持ちいい事できないよ。」


 そう言いながらもよがる身体が愉しくて、李央はそこ目掛け亀頭を擦り付ける。限界に近い喘ぎ声が耳に心地いい。


「ほら頑張って」


 シーツを握る伊織の手を取り膝裏を抱えさせ、李央は律動を再開し、涎を垂らす伊織のモノの根元をキツく握った。

 伊織の好きな部分を硬く張り出した亀頭で何度も刺激されて、快感は全身に伝わっていく。中は絶えず収縮し李央を締め付けて、もう限界はもうそこまできていたのに、放出しそうな熱が堰き止められた。


「あっ、な、んで…」


 気持ちいいことしてくれるって言ってたのに、どうして。


「ちゃんとイかしてあげるから大丈夫」


 上体を立て腰を振る李央は、後孔に視線を注ぐ。


「あえて意識してここを締めたり閉じたりしてごらん。」


 李央の形に広がった縁をぐるりと指で撫でる。


「はは、自分で脚広げちゃって、ヤらしい格好。」


 身体だけでなく、脳をも快楽の波に引きず込みにかかった。


「あぁっ、や…ッあ!」


 繰り返しあの場所を擦られて、それでなくても全身が性感帯になったかのように、乱れたシーツが背中に触れているだけでも感じてしまうのに、敏感な部分を撫でられて伊織は一際高い嬌声をあげた。

 ぴくぴくと蠢く入り口は、意識しなくても李央を締め付ける。






続きます…


next← (13) →prev




ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿