2016年2月10日水曜日

R18ssリレー『サクランボとクリスマス』(14)


★初めて読む方は、こちら から ↓

http://swepara.blogspot.jp/p/blog-page_17.html

tonberi & zu-cha 140SSリレー
『サクランボとクリスマス』

青い字が、tonberi
赤い字が、ずーちゃ です。


続きからどうぞ…↓









「あぁ…気持ちいい」


 後孔から視線を上げた李央は、下半身に溜まり疼く快感に天井を仰ぎ吐息を漏らす。


「伊織はどこが気持ちよくなってる?」


、伊織のモノを握る手に更に力を込めると、達したいのに達せない快楽をあらがうように、抱えた脚を抱き締め、身体を丸めて伊織は白い首に筋を立てる。


「ど、こっ、て…りおぉ…ああッ」


 激しく突かれて伊織は言葉にならない悲鳴をあげた。快感が体内を駆け巡るのに、根本をいっそう強く握られ放つ事は赦されない。苦しさと快楽が鬩ぎ合う。全身を襲う震えに抱えていた脚が落ちシーツを蹴り、目尻には涙が滲む。


「おねが、イかせて」


 伊織の身体がうっすらピンク色になり体温が上がっていく。


「このままイってごらん」


 強い快楽が伊織の意識を曖昧にしてる中、聞こえてきた李央の言葉。伊織は困惑した声を漏らした。


「ほら集中して。さっき伊織がしゃぶってくれた俺のが、伊織の中で堅くなって前立腺を何度も擦ってるよ。」


「ん、あぁ…」


 言われるままに、李央の熱が一番感じる処を何度も擦っている感覚に集中する。

 吐く息も熱を増しどんどん荒くなって身体の震えが止まらない。


「はぁ…ッ…も、おかしくなりそ。」


 繋がっている李央と自分の境目がなくなって、溶け出していくような錯覚に溺れそうで怖い。


「ハアッハアッ、もっと鳴いて、伊織も腰振って。」


 髪を揺らす李央の呼吸も速くなる。まだ堅くなるのかと、痙攣する中を何度も抽送する李央のモノのに血管が浮かび上がり反り返る。

 気持ちいい気持ちいいと、繰り返しひっきりなしに喘ぐ伊織の胸に手を伸ばしぷくりと腫れた乳首を摘まんだ。

 李央は指でその尖りを弄りながら腰をくねらせ、伊織の中をこれ以上ない程に掻き乱してやる。

 そうして限界まで張りつめた亀頭であの一点を突き上げた瞬間、ジーンとした快感が伊織の身体を駆け上がり頂点を突き抜ける。


「あぁーッイ…く」


 強い絶頂感に、頭の中が白く塗りつぶされていく。

 ヒュッと喉が鳴り息を詰めた伊織の中が李央を道ずれにしていく。


「ゔっ──あぁッ」


 突き出した腰が震え、李央も息を詰まらせながら伊織の中を濡らした。


「あ、ああ…伊織…」


 全て吐き出した所で視線を落とせば、握り締めたままの伊織のモノは汚れておらず硬度を維持したままだった。


「後ろだけでイけたね、伊織。」と、李央が荒い息を吐きながら問いかけても、伊織は言葉を返すこともできずにいた。


「…あッ…」


 持続する絶頂感で収縮を繰り返し、最奥に吐き出された熱や、李央のモノが中でピクリと脈打つだけでも感じてしまう。


「う、ごかないで…。」


「はは、動いてるのは伊織でしょ。」


 快楽の波から逃げるように、のた打つ伊織の肢体に李央がニヤリと笑っている。そしてこの手の中にあるモノを扱いたらどうなるか。

 射精なしでの絶頂は、伊織に酷すぎる快感を与えていて辛いだろうと察しがつく。が、李央がそれを我慢するとは思えない。




続きます…


next← (14) →prev




ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿