2016年2月13日土曜日

R18ssリレー『サクランボとクリスマス』(15)


★初めて読む方は、こちら から ↓

http://swepara.blogspot.jp/p/blog-page_17.html

tonberi & zu-cha 140SSリレー
『サクランボとクリスマス』

青い字が、tonberi
赤い字が、ずーちゃ です。


続きからどうぞ…↓









「お願いだから…」


 根本を握ったままの李央に、伊織は弱々しく手を伸ばし身を捩った。


「ん、あぁっ、」


 その弾みで身体の中から、李央のモノがズルリと出ていく感触に、思わず声が洩れてしまう。


 「はぁ…」


 長い溜息のように息を吐き、伊織は上半身を起こして李央に抱きつき押し倒した。

 気を抜いた一瞬をつかれ、自分が押し倒された事に李央は目を丸くした。

 強い快感が駆け巡る身体を動かすのは無理だろう、もっといじめてやろうと思っていたから余計だ。


「あれ、意外だなぁ」


 苦笑いをする李央は、手を突きむくりと起き上がっていく伊織の垂れる髪を、指で掬って表情を伺った。

 李央は伊織の熱を堰き止めたまま、とろりと焦点の合わない瞳を覗き込む。

「伊織?」 と、名前を呼ぶと、ぴくりと肩が震える。

 濡れた唇が、『りお』 と、動いたように見えた瞬間、伊織は倒れ込むようにして唇を重ね、キスの合間に甘い声で強請った。


「ねえ挿れてもいい?李央の中でイきたい。」


 舌を絡められ返事を発せない李央は、熱い塊から手を離し伊織の肩を掴んだ。

 伊織は先程味わった感覚が蘇るのか、急いたように李央の脚を抱え腰を突き出した。


「い、お…」 


 ぐにゅりと熱い先が李央の後孔に押し付けられ、伊織の名前を呼ぶはずの声が艶めかしく変化していく。


「あ、アアッ」


「は、ぁ」


先端が李央の中に潜り込んだところで、伊織は熱っぽい吐息を漏らした。李央が手を離した根本を、今度は自分の手でキツく締め付けて、崩れるように李央の胸へ倒れ込む。


「ふふ…挿れただけでイきそ.…。」


 そうしてゆっくりと腰を進めていく。

 伊織の下腹部が密着すると、悪寒に似た背筋に走る快感に李央は 「はあッ」 と、勢いよく息を吐き呼吸を落ち着かせた。

 倒れ込んでいるこの重みが心地良くて、背中に腕を回す。


「伊織これ気に入っちゃった?」


 ギュッと力を込めて中を締め付けてみる。そうすれば応えるように伊織のが反り返った。

 もうとっくに限界は超えている。少しの刺激でも息を詰まらせ身体は戦慄く。


「はぁ…も、ダメみたい」


 そう呟くと、伊織はふと視界の隅に見えた自分の制服のネクタイに手を伸ばした。


「さっきのお返し。」


 虚ろな瞳に光が灯り、伊織はそれを李央の硬くなり始めたモノの根元に縛り付けた。

 眉の寄るその顔にニヤついていた李央が、ハッとして頭を上げた。


「うッ…」


 思いの外キツく縛られ腹筋が収縮する。細めた目で己のモノを見てみれば根元にネクタイがくいこみ充血した亀頭が腫れている。


「はは、伊織、どっちが先に根を上げるか楽しみだね。」


 クスクスと楽しそうに李央は笑う。


「あ…はは、余裕だね。僕はもうダメ…。」


 伊織に先手を取られて李央が焦った様に見えたのは一瞬で。余裕の表情で笑う李央にちょっと悔しいと思いながら、伊織は苦笑して敢え無く白旗を上げる。


「ま、いっか。まだまだ時間はいっぱいあるしね。」


 そう言って、自らの戒めを解き律動を始めた。






続きます…


next← (15) →prev




ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿