2016年2月15日月曜日

R18ssリレー『サクランボとクリスマス』(16)


★初めて読む方は、こちら から ↓

http://swepara.blogspot.jp/p/blog-page_17.html

tonberi & zu-cha 140SSリレー
『サクランボとクリスマス』

青い字が、tonberi
赤い字が、ずーちゃ です。


続きからどうぞ…↓









 ゆっくり抜けていく快感に、李央は奥歯を噛み締めた。


「ッ──」


 限界まで張り詰め、堅くなった伊織のモノは、先程受け入れた時とは別モノのよう。


「ア、はあッ…伊織…まだ時間はあるって…ッ、何回するつもり。」


 もうダメと言った割には、力強い伊織の律動に、李央は頭をシーツに擦り付ける。


「…ん、はぁッ…何度でも…ッ」


  限界を超え、はちきれそうな先端からは、もう既に白濁混じりの先走りがタラタラと溢れて、抽挿に合わせてクチュクチュと李央の中で音が立つ。


「あぁ、李央…、」


 イキっ放しの身体は怠い筈なのに、理性の針は振り切れて、只快楽を求め、李央の中を荒らした。

 自棄になったように腰を振り乱し、快楽を貪る伊織の腕を掴み李央は頭を上げる。


「はあッ、ああ…アアッ!」


 いいところを休みなく擦られ、鋭利な快感に李央は余裕がなくなっていく。


「い、伊織っ、これ、取っ… 」


 伊織の腕を滑った李央の指が、自分のモノに絡み付いたネクタイに引っ掛かった。

 戒めを解こうとする手を、伊織は咄嗟に払い退けた。


「ダメだよ、李央。」


 自分が李央を追い詰めている。そう思うと愉しくて堪らなくて、クスクスと声を漏らして笑う。

 焦った表情を浮かべる李央の体内が、伊織の限界寸前の熱をキツく抱きしめるように動いていた。


「もっと気持ちよくなって?」


 白旗を上げた筈の伊織の、このタフさと余裕はどこから来るのか。

 李央がチラリと股間を見れば、これ以上ない程腫れているのに射精が赦されない。ネクタイが食い込む根元が痛い。けど中を掻き回すモノを脳裏に浮かべると、痛みとは違う物が孕み李央が喉元を晒す。


「ああ伊織っ、もっとッ 」


 蕩けた内壁の収縮が強くなる。持続する絶頂感と射精できない苦しさが伊織の体内で熱く渦巻いた。

 先程李央が伊織の中に放った白濁が、動く度に後孔から溢れて内腿を伝う感触にさえ、身体が戦慄く。


「ああっもうムリ… 」


 伊織は自ら戒めていた指を解き、李央の腰を掴み最奥まで激しく突いた。

 周りの音が遠退いていく気がする。未だかつて味わったことのなかったこの快感。


「あ…あ…イく… 」


 頭が真っ白になり後孔の痙攣が止まらない。

 
 李央の方が先にイった為、伊織はまだ抽送を止めなかった。長い快感が持続している体へ更に与えられる刺激に李央は焦る。


「はああっやめッ」


 李央の身体が大きく跳ねた。

 収縮し続ける内壁に引き摺られるように、吐精を誘われる。伊織の額からポタポタと汗が李央の肌へと落ちる。


「りお…ッく 」


 吐息混じりの声を発した瞬間、伊織は堪えていた熱を最奥へと吐き出し、力尽きた様に李央の上に倒れ込んで、荒い息を吐く唇を塞いだ。

 息苦しいキスが気持ちよくて、まだ射精していない李央の身体を支配する。


「伊織っ、出したい。」


 啄まれる合間に訴え、快楽の波が引かない身体を震わせた。

 あの開放感が欲しい。

 伊織もイった余韻がなかなか収まらないのかすぐには反応しない。


「伊織退けっ!」


 余程限界なのか口調が荒くなる。





続きます…


next← (16) →prev




ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿