2016年3月10日木曜日

R18ssリレー『サクランボとクリスマス』(21)


★初めて読む方は、こちら から ↓

http://swepara.blogspot.jp/p/blog-page_17.html

tonberi & zu-cha 140SSリレー
『サクランボとクリスマス』

青い字が、tonberi
赤い字が、ずーちゃ です。


続きからどうぞ…↓









「は、ぁ…ッぁ、誰?――ッ」


 電話の向こうに、李央ともう一人誰かがいる気配を感じて、聞きかけた言葉は背後の男に一番感じる部分を刺激されて息をつめて呑み込んでしまった。

 同時に体内に男の熱が広がっていく。その瞬間 「イきなよ」 李央の低い声が耳に届き、伊織は全身を震わせた。


「ンンッ」


 力の入った伊織の唸り声に、イった事を確信し李央は満足げに笑う。


「いいな伊織、気持ちよさそうで。」


 溜息混じりにそう言うと、李央の背後からヌッと手が伸びてきた。


「誰と電話してる。」


 不機嫌な声のする方を振り返る。


「来たんだ。」


 携帯を耳に当てたまま李央はその男を見据えた。

 臣は振り返った李央に無言で唇を重ねた。

 わざと立てるリップ音は電話の向こうの伊織の耳にも届く。


「李央?んっ、」


 その時男に身体を突き放され、同時にとろりと零れた感触に身震いする。

 伊織の半身を握っていた男の手はズボンの中で動き、太腿に汚れをべっとりと擦り付けてから離れた。

 タイミングよく電車がホームに滑り込み男は何も言わず姿を消した。

 伊織は苛立ちながら身なりを直していく。ベルトのバックルを締め終わり、耳から離していた携帯をまたあてがう。


「李央?」


 まだ繋がっていた事に安心していると、


「ハアッ終わったの?」
 

 明らかに熱っぽい李央の声がした。


「李央の方が気持ちよさそうじゃん。」


 伊織は溜息を吐き、元は運転席だった名残のボックスに凭れ、気怠そうに呟いた。


「はぁ…最低。」


 中出しされた体液で下着が肌にベタベタと張り付いて気持ち悪い。電話の向こうからは李央の吐息が生々しく聞こえてきた。


「ねえ、誰とやってるの?」


「臣だよ。前に話したよね。」


 二人が揉み合っている音が電話越しにわかる。

 名前を聞き伊織はわからない顔をしたが、すぐにあっと声を漏らした。


「伊織の話しをしたらムキになってるみたいでさ。」


 おかしくて仕方のない李央は笑うが、「電話を切れ。」と、臣は苛立っている。

 李央は当然拒否した。


「なんだ…予定って臣のことだったんだ。」


 さっきまで自分と何度も求め合った李央が、今は他の男に抱かれている。

 李央は携帯を耳から離していないのか、唾液の混ざり合う音や、李央のくぐもった声、お互いの服を脱がしあう忙しない衣擦れの音に、その場の空気がはっきりと伝わってくる。


「臣、これ付けて。」


 皮が捻れる音と金属音がして、伊織の頭にあのハーネスが浮かぶ。


「お前こんな趣味だったか?」


 そう言いながら臣は李央の身体に装着させていく。


「ハッ、これもか?」


「ン…きつくして。」


 既に勃ち上がっている根元に、ハーネスと一体になっている細いベルトが締められた。


「李央アレ着けてるの?」


 キリキリと革の捻じれる音がする。

 あのしなやかな身体が黒革のベルトで拘束されている姿は容易に想像できた。

 乳首ぎりぎりの処にキツく、肌に痕が残るほど食い込ませて。そそり勃つ根元にも ……。


「ふふ ……ッ。」


 聞こえてきた笑い声は、熱っぽい吐息が混じっていた。





続きます…


next← (21) →prev




ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿