2016年3月16日水曜日

R18ssリレー『サクランボとクリスマス』(27)


★初めて読む方は、こちら から ↓

http://swepara.blogspot.jp/p/blog-page_17.html

tonberi & zu-cha 140SSリレー
『サクランボとクリスマス』

青い字が、tonberi
赤い字が、ずーちゃ です。


続きからどうぞ…↓









 …… 李央のキスは、好き……。 


 伊織は李央に目を合わせ、言葉には出さずに頷いた。


「そう?」


 その応えに李央は笑みを浮かべる。

  手をかけていた伊織のベルトを外し、前を寛がせると、既に勃ち上がった先端からは待ち侘びたように、トロトロと滴が溢れ出して、しとどに濡れていた。


「ここして欲しい? それともこっちがいい?」


 濡れている亀頭を掌に包むと根元まで下げ、その指を後孔まで滑らせた。

 そう聞きながらも我慢ならないと、伊織の脚を肩に担ぎ大きく開かせた李央は、スラックスの前を寛げ勃起したモノを取り出した。堅くなったそれを掴むと後孔に擦り付けた。

 それだけで伊織の窄まりは吸い付くように李央を誘った。


「早く欲しい。」 ―― 李央で一杯にして。


「言われなくても。」


 李央は腰を入れ、伊織の中を一気に貫いた。


「あぁッ!」


 それでもう伊織は何もかも忘れ李央しか見えない。

 周りの男達の姿も纏わりつく視線も、伊織の世界からは消えていた。


「はあ…気持ちいい。」


 根元まで挿った所で息を吐き、快感に仰け反っている伊織の白い首へ李央は甘く噛み付く。


「伊織、動くよ。」


 首筋に何カ所も紅い痕をつけながら李央は腰を打ち付ける。

  ガタガタとテーブルを揺らし、伊織の奥を突く。


「ああっ、すぐに出そう…ッ。」


 李央の腹筋が盛り上がる。


「あ、んっ…ッ」


 律動に合わせて伊織の声が高くなっていく。

 李央の背中に腕を回し抱きしめると、伊織の中で李央が脈打つのを感じる。 

 だけど動きが何故か徐々に弱くなっていく。


「放せよ、臣。」


 見ればいつの間にか臣が李央の背後に立ち、根元の戒めを解こうとする李央の手を掴んでいた。


「勝手に外すな。」


 臣は李央の手を払い除け、胸に手を置くと李央の上体を起こした。

  次にその手が顎を掴み後方へ引き寄せる。


「店はいいのかよ。」


「お前達のおかげで商売あがったりだ。」


 数ミリの距離にあった唇が激しく合わさった。

 顎を掴んでいた手が再び胸に這うとワイシャツを乱していく。

 適度についた筋肉に、ギリギリと細い黒革が食い込み、迸る汗が煌めいてハーネスを着けた体を余計に官能的に魅せた。

 店内に熱気が立ち昇る。茫然とする伊織に誰かの手が触れ、傍の男の顔が近付いた。


「あ……、 嫌、」


 既の所でそれを制止したのは李央の声だった。


「俺のモノに触らないでくれる。」


 その男は情け無く一歩下がった。

 臣によって後方に引き寄せられていた力が弛んだ所で、李央はテーブルに両手を突き伊織に迫る。

 ほっとした表情の伊織の唇を優しく啄む。

 腕から虚しく逃げてしまった李央の後ろ姿を見つめていた臣は舌打ちをし、己のスラックスの前を寛げはじめた。

 伊織に覆い被さりキスを続ける李央の腰を臣が後ろから荒々しく掴み、スラックスをずらした。


「臣……。」


 肩越しに振り返り、臣を見上げるグレーの瞳を睨みつけ、猛りきった砲身を李央の後孔にあてがうと、さっきまで何度も犯したそこの熱を亀頭に感じる。

 李央は期待に満ちた笑みを浮かべた。







続きます…


next← (27) →prev




ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿