2016年4月20日水曜日

R18ssリレー『サクランボとクリスマス』(28)


★初めて読む方は、こちら から ↓

http://swepara.blogspot.jp/p/blog-page_17.html

tonberi & zu-cha 140SSリレー
『サクランボとクリスマス』

青い字が、tonberi
赤い字が、ずーちゃ です。


続きからどうぞ…↓








 亀頭に押し広げられながら挿ってくる硬いそれに、悪寒に似た快感に背中を反り首筋を伸ばした。

 下から李央を見上げる伊織の目の前に筋の張った首が見える。息を吸っては止め口内に滲んだ唾を飲み込む度に喉仏が上下に動いてる。


「はあっ…ッ…気持ちいい…。」


 李央は息を吐くように言った。

 その姿は濃艶に伊織の目に映る。喉が上下する度に擦れる音を立て、首に食い込む首輪ごと伊織は李央の首筋を食む。


「は…ぁッ伊織。」


 咥内で革の味に混ざり合う李央の匂いを感じれば、身体はもっと熱くなり、体内の李央を締め付けた。


「ほら奥まで突いてやれよ。」


 言葉と同時に臣は律動を始める。


「ンッ」


 臣の下腹部が強めに李央の双丘にぶつかると、李央も腰を突き出す形になる。自分の意思とは少し違う律動に李央はがくりと頭をうな垂れた。


「李央…そんなに気持ちいいの?」


 表情を隠す髪を伊織は掬う。顔を上げ微笑んだ李央は伊織の唇を貪った。息苦しいキスに伊織の中が締まる。


「…ん…ふ…ぅ…」


 合わさる唇の隙間から伊織の喘ぎ声が絶えず洩れていた。

 ガタガタとテーブルを揺らし、李央へ送り込まれる臣の激しい抽挿は、伊織の頭がテーブルから落ちそうになる程に押し上げる。李央の手がそれを庇うように頭を押さえ、伊織は李央にしがみつき快楽を貪った。


「あぁ…イきそう…」


 臣の動きに合わせるように腰を前後にしていた李央は、苦しそうに眉間に皺を寄せ低く呟いた。

 上体を起こし抽送している様子を伺う。今にも達しそうな快感に腰が震えるが根元を締め付けるベルトが邪魔だ。


「ッ…臣…出したい。」


 伊織の腰を掴む李央の指に力が入る。


「何だって?」


 聞えないふりをしながら、切羽詰まった李央の表情に臣は口角を上げる。

 伊織と繋がる部分に後ろから手を回し、ベルトが食い込む根元を指でなぞれば、李央は切ない悲鳴を上げて、ガクガクと下肢を震わせる。

 臣は李央の好い処に強く亀頭を擦り付け、「もう一度言えよ。」と、促した。


「は、やくッ」


 あの底のない快楽にまたのまれるのか。

 起きているのも辛くなり、李央は伊織の胸に倒れ込む。


「あっ、ンッ 伊織 ……」


 甘ったるい声にドキリとした伊織は、李央に攻められながらも、「僕が取ってあげる…それで僕の中に出して。」と、李央の耳元で囁き、腕を下へ伸ばし根元に触れた。

 だけど精一杯伸ばした指先では、キツく食い込むベルトを外すのは容易ではない。

 起き上がろうにも、李央が伊織の胸に辛そうに額を擦り付けている。肩を押して起こそうとしても伊織の力では、ただ李央の身体の下でもがくだけ。余計に中を締め付けてしまう。


「お願い、臣…外してあげて。」


 李央の肩越しに見える不機嫌な顔に、伊織は恐る恐る頼んでみる。


「なんでお前に指図されなきゃならない。」 返ってきた言葉は予想通りに冷たい物。


「アアッ無理…我慢できない。」


 脚を踏ん張り上体を起こした李央は、伊織の膝裏を掴み胸に押し付ける。


「外せッ!」


 最奥を突き、李央は言い放つ。


「ア…ぁっ、」


 李央の激しい抽挿に揺さぶられ、最奥が押し上げられる快感に伊織は嬌声を上げる。

 抱えられた脚が小刻みに震えだした。

 そうすればするほど、李央は自分で自分を追い詰めてしまっている。

 臣は李央の根元を、戒めの上からキツ握り、耳元に囁いた。


「この苦しさが好きなんだろ?」


 






続きます…


next← (28) →prev




ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿