2017年5月28日日曜日

『出逢えた幸せ』第二章:迷う心とタバコ味の……(29)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(29)



ブログ版↓




 1月も4日にもなれば、お正月ムードも薄れてるだろうと思ってたけど、街を歩いてると、まだ破魔矢を持ってる人とか、福袋持ってる人とか見かける。

 まだまだ、おめでたいモードの人混みの中を、俺は一人でブラブラしていた。

 サークルの新年会の時間は、19時からだから、まだあと1時間以上もある。

 会場となるバーは、何でもサークルの会長のお兄さんが経営してるバーらしくて、今日まで店は正月休みだから、新年会の為に貸切させてもらえるらしい。

 料理や飲み物などの準備は、女の子達が中心でやってくれるらしくて、1年なのに、俺は開始時間に入れば良いと言われたので、服でも買おうかなと、ブラブラしながら時間を潰していた。

 大通りの歩道を歩いていると、反対車線の車が、突然うるさくクラクションを鳴らした。

 俺は反射的にそちらを見遣り、向こう側の歩道に知った顔を見つけて、思わず立ち止まった。


 ―― 透さん……?


 遠くから見ても、背が高くてスタイルの良い透さんは、人目を惹く。

 俺は、立ち止まったまま、歩いていくその姿を、ただ目で追う事しか出来なかった。

 …… 透さんの隣に歩いているのは、バイト先のカフェに、いつも透さんと一緒に来ていた人。

 透さんと別れて、別の人と結婚して、アメリカに行ったはずの彼女だった。

 彼女と透さんは腕を組み、二人で楽しそうに会話を交わしながら歩いていく様子が、大通りを挟んだこちらからでも、よく分かる。


 ―― どうして……。


 なんで一緒にいるんだ、別れたんじゃなかったの? それとも、よりが戻ったとか?

 透さんのマンションのリビングに飾られていた写真が頭を過ぎる。

 啓太に言われて、今度マンションに行った時にまだ飾ってあったら、ちゃんと訊いてみようと思ってたんだ。

 なのに……。

 透さんは、俺に全く気付かずに、距離がどんどん離れていく。

 二人は今から何処へ行くのか……、考えると胸の奥がツクンと痛み、息が苦しくなってくる。

 人が途切れなく行き交う歩道で、俺は暫く立ち尽くしていた。 二人の姿が見えなくなっても。


 ****


 直接訊いてみないと分からない……。

 携帯で透さんのアドレスを呼び出しては、閉じる。 呼び出しては、閉じるを繰り返していた。

 訊いてどうするんだ。

 確かに曖昧な関係だと思う。

 お互いの気持ちを確かめる事をしていない。

 会う度に身体の関係はあったけども。

 セフレだと言われれば、そうだと思う。

 彼女と二人で楽しそうに、腕を組んで歩く透さんを思い出すと、やっぱり胸が痛くて、息も苦しい。


 ―― 『早く、こうしたかった。直くんを抱きたかった』


 透さんの言葉を思い出して、また胸の奥に感じた痛みが、段々と広がる。

 抱きたかったから、会いたかったの?

 そう考えると、息が苦しい。


 ―― 『本当は、真っ直ぐ帰るつもりだったのに、直くんの可愛い格好に、思わず欲情しちゃったよ』


 やっぱり女性を抱く方がいいに決まってる。

 苦しい……。

 痛む胸の辺りをキュッと掴んで、大きな溜め息を吐いた。

 …… 俺は…… どうしたいんだ。 この胸の痛みは、何なんだ。

 透さんが、女性の方がいいと思うのと同じで、俺だって……。 女の子の方がいいに決まってる。

 透さんとの関係は、ただ……、男同士でヤッてみたら意外と気持ちよくて、また機会があったらヤリたいと思ってるだけなのかもしれない。

 だから、セフレって言うのが一番正しいと思う。

 なのに…… なんでこんなに胸が痛くて、息が苦しいのか。






fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿