2017年5月29日月曜日

『出逢えた幸せ』第二章:迷う心とタバコ味の……(30)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(30)



ブログ版↓




「直くん、どうしたの?」


 不意に隣に座っている人に声をかけられて、我に返った。

 時間通りに新年会の会場であるバーに到着した俺は、一人でカウンターの隅に座って呑んでいた。

 店内はサークルのメンバーが、大体30名くらい入っていて大盛り上がりしていて、店の中央にテーブルを組ませて、料理とビール瓶やジュースが並んでいる。

 殆ど立食なスタイルで、あちこちでグループに分かれて、気ままな飲み会と言う感じ。

 カウンターの中では、ここの店の経営者の弟である、サークル会長の桜川さんと、あと二人の先輩がビール以外の飲み物を作ってくれている。

 今夜の新年会は、どうやら店のスタッフは居なくて、全くの貸し切りにしてもらっているらしい。


「さっきから、溜め息ばっかり吐いてるね」


 いつの間にか隣の席に座っていた、ゆり先輩は、さり気なくお互いの腕が触れるくらいに密着している。


「いえ、なんでも…」


 顔を覗き込むように見つめてくる、ゆり先輩から逃げるように、俺は手元のグラスに視線を落とした。


「そぉ? 何か元気ないし、いつもの直くんらしくないよ」


「え?そうかな。でも、元気っすよ」


 本当は、静かな所で少し一人で考えたいって気持ちもあるけど、やっぱ隅っこで一人で落ち込んでるわけにもいかないなと、笑顔を作った。


「ホント?なら良いけど」


 どうやら、上手くごまかせたみたい。


「あれから、会えなかったから、今日来てくれてよかった」


 そう言いながら、ゆり先輩は更に密着して腕を絡ませてくる。

 ベージュのワンピースの、カシュクールの大きく開いた胸元から、柔らかそうな谷間がちらついている。


「なんか、暑いね?ここ」


 そう言うと、ワンピースの上に羽織っていた、黒いボレロを脱ぎだした。

 柔らかくて薄い生地のワンピースの胸が、俺の腕に密着してる。


 —— これは、明らかに誘っている。


 そう思うけど、今夜はとてもそんな気には、なれそうにも無い気がするんだけど……。


「ねえ? この後、二次会行かずに、二人でどっかいこ?」


 大きな瞳に長い睫で、上目遣いに見つめてくるゆり先輩は、確かに可愛くて……。

 裾の方だけ、ゆるくカールさせた髪が、胸元で揺れている。


 —— 可愛いっ、めっちゃ可愛いし、いい匂いするし、これ見よがしの誘いも許せるような気がしてきた。


「うん、分かった」


 そう言って、にこっと微笑みかけると、ゆり先輩の顔が、真っ赤になった。

 遊んでる風に見えていた、ゆり先輩も、こんな風に赤くなって俯いてたりすると、いつもより可愛く見えたりして。

 それに……

 透さんだって、彼女と……

 だから、俺だって……

 別に透さんは、恋人ってわけじゃないし。

 久しぶりに、女の子抱いたって、可笑しくないし。

 誰に対してでもなく、多分……、自分自身にそう言い訳していた。







fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿