2017年5月25日木曜日

『出逢えた幸せ』第二章:迷う心とタバコ味の……(28)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(28)



ブログ版↓



 **

 俺の衣服と、髪の毛(ウイッグだけど)の乱れを整えながら、何度も軽いキスを落として「そろそろ、帰ろうか」と、透さんが言う。


「え、もう?」


 本当に時間が無いんだなぁ。


「ん?何? 口でするだけじゃ、物足りなかったかな?」


 笑いながら話す透さんの言葉は、冗談だって分かってるけど、「そっ、そんな事ないよッ!」って、真っ赤になってしまう。

 確かに、もう少し続けたいとは思ってるけど!て、言うか……。


「透さんこそ、大丈夫なの?」

「ん? えっ、ぁッ!」


 俺は透さんの 下半身に手を伸ばし、そっと触れてみた。


「透さん、勃ってるでしょ?」


 スラックスの上からでも、はっきりと分かる、透さんの熱。


「俺はいいよ、直くん。」


 だけど、透さんは、そう言って、笑いながら俺の手首を優しく掴んで持ち上げると、掌にキスを落とした。 カーッと、俺の方が赤くなってしまうっ。


「本当は、真っ直ぐ帰るつもりだったのに、直くんの可愛い格好に、思わず欲情しちゃったよ」

「え?……」


 それって……。

 その時、少しだけ感じた違和感が何なのか、考える間もなく。


「運転してるうちに、熱も収まるよ」


 透さんは、そう続けて、あっさりと車をバックさせる。

 車は夜景からあっけなく離れて、そのままUターンして俺のマンションへ向かった。


 ***


「続きは、また今度ね」


 俺のワンルームマンションの前で、車を停めて、最後に触れるだけのキスをして、透さんがそう言った。


 ―― つづき…って……、


 俺の頭は、勝手に続きを想像してしまう。


「じゃあ、また連絡するね」

「うん」


 ゆっくりと動き出した車が小さくなって、角を曲がって見えなくなると、やっぱり少し寂しい。

 でも、『また』連絡したらいつでも逢える。 恋人ととはまだ呼べない、曖昧な関係だけど。


 ―― あ、家に入る前に写メするんだったな。


 忘れないでよかった。

 俺は、女装スタイルのまま、自分の部屋の玄関前で、写メを撮って、姉ちゃんに送信する。


「これでよし」


 家の中に入り、ウイッグを取り去り、動きにくいワンピースを脱ぎ捨てて、ベッドの上へ身体を投げ出した。

 うーーんっと伸びをして、さっき携帯で撮った、自分の女装の画像を眺める。


:--『本当は、真っ直ぐ帰るつもりだったのに、直くんの可愛い格好に、思わず欲情しちゃったよ』


 あの時ひっかかった言葉の意味って……。


「女装してるから、欲情したって事なのかな」


 もしそうだとしたら、男の俺とじゃなく、女の人とヤった方がいいって事じゃないのかな……。 そんな疑問が頭に浮かんで、打ち消しても打ち消しても、また浮かんできてしまう。


「シャワー浴びよ……」


 ひとりごちて、何度も首を横に振った。 それ以上考えるなと自分に言い聞かせて。








fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿