2017年6月6日火曜日

『出逢えた幸せ』 第二章:迷う心とタバコ味の……(36)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(36)



ブログ版↓



「それに、直はモテるんだろ?」


 ―― え?


「可愛い顔してるもんね?学校中の女を食ってるって、噂訊くよ?」


 それは、少しは当たってるかもだけど……。


「が…… 学校中なんて、そん…… なこと、ないです」


「そうかなぁ、まあ、モテるのは分かるよ」


 桜川先輩がそう言うと、他の二人も同じように言ってくる。


「いいねぇ、可愛いナオくん。 よりどりみどりで」

「今度、イイ女いたら紹介してくれるー? なんちって」


 苦しい会話が続いて、早く切り上げて帰りたいけど、なかなかキッカケをつかめない。


 ―― それに俺…… なんだか……


「…… あ、あの、俺、そろそろ帰ります」


 早くこの場を立ち去らないと、いけない予感がする。


「え? まだいいじゃない。電車もまだあるでしょ?」

「…… じ、実家に帰らないと、い、けないんで…… と、遠…… いから……」


 なんだか上手く喋れない……。


「えー、そうなんだ、じゃあ、引き留めちゃ悪いかぁー」

「す、みませ、ん」


 俺はそう言って立ち上がり、壁際の長椅子の所に置いてある、自分のジャケットを取りに行こうとした……。 だけど何故か足が重い気がして、思うように動かない。

 目の前の柱に掴まろうと、手を伸ばしたけれど、遠近感が鈍くなっているのか、あると思った位置に柱は無くて、掴もうとした手は空を切り、バランスを崩してしまう。


「おーっと、危ないよ」


 伸びて来た桜川先輩の腕に支えられて、なんとか床に倒れる事は免れたけど……、


「…… ッ」


 触れられた途端、体が跳ねて一瞬のうちに全身が熱く火照った。


「どうしたの?」

「あッ…… だい、じょうぶ」

「大丈夫そうじゃないけど? そこの長椅子にちょっと座ろうか」


 そう言って、桜川先輩は、今にも床に崩れ落ちそうな俺の体を引き寄せるように、腰に腕を回した。


 「…… ッ」


 また、ビクンと体が戦慄く。

 腕を回されている腰の奥が熱くてドクドクしてる……。 この感覚は、まるで……。
 
 漸く椅子に辿りつき、這い上がるように椅子に座って、背もたれに身を預けた。


「なんか顔が赤いよ。 熱、あるんじゃないの?」


 そう言って、桜川先輩が額に触れた途端にまた体が跳ねて、咄嗟にその手を払い退けてしまった。


「あ、す、みません、俺、なんか…… 変…… で……」

「ホント、変だね?」


 そう言いながら、桜川先輩は俺の隣に腰を降ろした。

 俯いて顔を隠す俺の前髪を、桜川先輩が指で掻き分けながら、クスクスと可笑しそうに笑う。


「…… だね」


 桜川先輩が、何を言ったのか、最初は聞き取れなかった。


「…… え?」


 訊き返すと、桜川先輩は俺の耳元に顔を寄せる。

 今度は、はっきりとした低い声が耳に届いた。


「これはきっと、女の子食べ過ぎて、いい気になり過ぎた罰だね」








fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿