2017年6月3日土曜日

『出逢えた幸せ』第二章:迷う心とタバコ味の……(32)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結しています。只今、番外編更新中)


第二章:迷う心とタバコ味の……(32)



ブログ版↓





 えええ? 付き合ってたって……?

 なのに、その桜川先輩のお兄さんのお店の、スタッフ用のトイレでって……、ヤバイ気がするんですけど!

 さっき、啓太に言われたことって、つまり……、これのこと?!


「あのさ、桜川先輩がこの部屋に入って来ちゃったら、ヤバイと思うんだけど?」

「あぁ、大丈夫。 桜川くん、さっきトイレ行ったばっかりだし、私が使うって断ってあるから」


 ああ、そうですか、じゃあ大丈夫っすよね?…… ってな訳にもいかないと思うんですが……。


「あのさ、いつ頃まで付き合ってたの?桜川さんと」


 俺の質問が、しつこいと思ったのか、ゆり先輩がほっぺたを膨らませてる。 ゆり先輩のこういうところ、文句なく可愛いと思ってしまうから、厄介だ。


「もー、直くん、いいじゃないっ、私がいいって言ってるんだから、ね?」


 そう言いながら、俺の首に腕を回して、柔らかい唇を重ねてきた。

 俺も、悪い癖が出て、つい…… ま、いっか。 みたいな軽いノリで、応えてしまう。。

 細い腰を抱き寄せると、ゆり先輩は恥じらうように頬を紅く染める。 その頬を掌で優しく包み、重ねた唇の角度を変えた。


 —— 女の子って、可愛い。


 そう思うと、一瞬、頭に浮かぶ、透さんと彼女の姿。


 —— どうせ今頃、透さんだって……。


 薄く開いている、ゆり先輩の唇を軽く啄ばんで、舌を侵入させていく。


「ふ…… ぅ…… ン……」


 ゆり先輩の甘い声が、重ねた唇の隙間から、零れ落ちている。

 何かこうして、自分が攻めてる感じのキスって、久しぶりな気が……。

 何度も角度を変えて、舌を絡めては、吸ってやる。

 キスをしながら、ゆり先輩の髪を梳くように撫で、背中を抱きしめ、腰の括れを辿っていく。


「…… ン…… ヤ……んん……ッ」


 片手で薄い生地のワンピースの上から、柔らかいヒップをなぞり、もう片手を大きな胸に移動させて揉みしだくと、ゆり先輩のか細い声が、いっそう甘みを増した。


「あぁ…… はぁ……ん」


 あぁ、女の子って柔らかい…… 堪んない。 こんな状況で興奮すんなって方が無理っ……、て……


 —— あれ?


 そんな…… あれ?! うそ! こんな事初めてだ。

 いつもなら、既に少しは、反応してるのに…… 少しも熱くならない下半身……。

 おいっ、俺の息子ちん!!どうしたっ!

 やっぱり、場所が場所だし…… だよな。うん、きっとそう。

 こういうのは、焦れば焦る程、ダメってやつだよね。 落ち着け、落ち着け、俺!

 でも、もうちょっとしたらきっと……。

 自分でも抑えきれないくらい暴れ出すはずなんだ。俺のヤンチャな息子ちんは。

 可愛いゆり先輩が、こんなに乱れて、求めてくれてるんだから、興奮しない訳がないんだから。

 俺は、もっとと、この先を求めて、カシュクールの大きく開いた胸元から、ブラジャーの中へ手を滑り入れた。





fujossyで読む←(本編完結済。現在番外編を更新中です)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿