2017年9月12日火曜日

『出逢えた幸せ』第三章:身体と愛と涙味の……(10)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第三章:身体と愛と涙味の……(10)



ブログ版↓



 昨日から色々あり過ぎて……、透さんに逢ったのがもう随分前のような気さえしてくる。

 最後に逢ったのは、たったの3日前……。 俺が罰ゲームで女装して透さんと夜景を見たあの夜。


 ―― 彼氏じゃないのなら、義理立てする必要もない。


 昨夜、みっきーに言われた言葉が頭を過ぎった。

『彼氏』…… 確かに恋人ではなくて、身体の関係はあるから友達でもない。

 なら、やっぱりセフレと呼ぶのが多分正しいんだと思うけど。

 なのに、飲みすぎて友達の家に泊まったとか、そんな嘘のメールをしただけで心が痛む自分。

 そのメールのやりとりをした直後に透さんの姿を見かけて、透さんは気が付いてませんようにって、願う自分。

 昨夜、みっきーと関係を持ってしまった事が、透さんに対して後ろめたさで頭の中がいっぱいで……。

 
 ―― これって、まるで……。


 まるで…… その後に続く言葉を心の中で呟いてみると、切ないような不思議な感情を覚える。


 ―― だけど…… 透さんも昨日は……。


 彼女と腕を組んで、仲良さそうに歩いて行く後ろ姿を思い出して、今考えていた事を振り払うように、俺はブンブンと思いっ切り頭を横に振った。


 ―― そうだ…… 俺が後ろめたさを感じる理由なんて、ひとつも無い。 透さんと俺は恋人なんかじゃないんだから。


 だけど何だろう……。 そう考えるのが一番ラクな筈なのに…… なんでこんなにへこんでしまうんだ俺。


「どうしたの? さっきから、思い切り首振ったり、地面にのめり込みそうな程沈んでたり?」

「あ…… ?」


 言われてタクシーの中だって事を思い出して、隣を見上げた。

 みっきーは静かに微笑んで、俺の頭を自分の肩に乗せるように引き寄せる。


「すぐに着くけど、それまで少しでも眠りなよ」


 みっきーにしては優しい言葉だな…… なんて思いながら、タクシーの心地よい揺れと疲れも手伝って、みっきーの肩に頭を預けたまま重くて仕方のない瞼を閉じた。








fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿