2017年9月19日火曜日

『出逢えた幸せ』第三章:身体と愛と涙味の……(16)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第三章:身体と愛と涙味の……(16)



ブログ版↓



「俺はな、お前や兄貴みたいに、いい加減な奴が大嫌いなんだよ」


 俺を睨み付けながら、言葉を吐き捨てる様子に、俺の事が本当に嫌いなんだなって判る。

 ―― 今まで他人に、こんなに嫌われた事があっただろうか……。
 そう思うと、怒りよりも悲しい気持ちが押し寄せてきて、俯くしかなくない。


「おいおい、俺もかよー」


 俺とひと括りに、『いい加減な奴』と、言われてしまったみっきーが、ふざけて肩を竦めて外人みたいなポーズをしている。


「兄貴だって、いつも本気にならないじゃないか。 特定の恋人も作らないし、仕事だって、うちの会社の事だって、いつだって、何に対しても、いい加減じゃないか」


 ―― え、みっきーって、弟の桜川先輩に、そんな風に思われてるのか……。

 だけど言われた本人は、大袈裟な溜め息を吐きながらソファーに近付いてきて、隣に座ると、何を思ったか俺の肩を抱き寄せる。


「ちょっ、何すんッ……」


 チュッチュッと音を立てて、俺の頬に何度も唇を押し付けてくる。 驚いて、抱き寄せられた身体を離そうとするけど、力強い腕で引き寄せられて身動きが取れない。

 いくら何でも桜川先輩の目の前で、いきなり何するんだよ! って目で訴えてみるけど、みっきーは涼しげな顔をして、俺の訴えなんかスルーだ。


「勇樹は、何か誤解してるみたいだけど……、俺、直の事は本気だから」

 ―― えっ?


 突然、桜川先輩の目の前で言われた言葉に固まってしまって、俺は、隣のみっきーの顔を、ただまじまじと見つめた。

 ――な、何言ってるんだ、この人っ!


「は? 昨日会ったばかりで、本気も何もないだろ?」


 呆れ顔で言う桜川先輩に、俺も心の中で何度も頷いて同意した。


「愛に時間なんて、関係ないだろ?」


 そう言って、固まっている俺に目を合わせてくるから、肩を抱き寄せられて見詰め合っている状態だ。


「昨日、バーで直を見た時、ひと目惚れしたんだよ。仕方ないだろ?」


 俺と見つめ合ったまま、首を傾げて、「な?」と言われても!


「またそんな適当な事言って。 今まで散々いい加減な事しておいて、いきなり本気だとか言っても信じるわけないだろ?」


 溜め息交じりの桜川先輩。


「今までは、本気になれる相手に巡り会えなかっただけだよ。 直もそうだろ? 今まで本気になれる相手を色々と探していたんだよな?」

 ―― 本気になれる相手……。

 みっきーに言われて、心の中で、あ…… と、思った。
 今まで本気で人を愛した事って無いんじゃないかって、自分でもちょっと思ってたから。


「勇樹だって、本気じゃないのに、ゆりちゃんと付き合ってたよな?」

「えっ?」


 桜川先輩がゆり先輩の事は遊びだった?
 驚いて見上げると、先輩は動揺を隠すように、さっと視線を逸らして言葉を詰まらせた。


「な、何言ってるんだ…… 俺は別に…… ゆりの事は遊びとかじゃないしっ…… 兄貴と一緒にすんなよ」


 漸く発した声は最後の方は聞き取れない程、小さくなっていく。 言ってる内容とは裏腹に、なんだかとても自信がなさそうに思えた。


「…… ただ、ゆりの方が俺に本気なわけじゃなかった……って、それだけの……」

「自分が本気で相手の事を想わなけりゃ、相手も本気になってくれるはずないじゃないか」


 桜川先輩が言い終わらないうちに、みっきーが被せた声は、厳しいけれど、宥めているようにも聞こえる。 弟を思う優しい兄の顔で……。

 一呼吸置くように、取り出した煙草に火を点けて、ふーっと細く長く紫煙を吐き出して、みっきーは言葉を続けた。


「まあ、だからな、俺はこれから直に、俺の本気を見せていくつもりだから、お前はもう直に変な事するなよ。 分かったか?」


 ―― え? ええ? 俺? 


 途中まで、いい話だったんだけどな……?
 もう、みっきーの言葉にどう反応していいのか判らず、固まりっぱなしの俺は、ただ二人の会話を大人しく訊いているだけ。


「…… ちっ、結局それが言いたかっただけかよ」

「そうだ、だからお前もう帰れ。 邪魔だからな」


 みっきーに言われて、桜川先輩は、何も言わずに俺を睨みつけて、フンっと、音に出すような勢いで踵を返して、部屋を出て行ってしまった。






fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿