2017年9月24日日曜日

『出逢えた幸せ』第三章:身体と愛と涙味の……(17)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第三章:身体と愛と涙味の……(17)



ブログ版↓



「これで、勇樹のやつも、直にもう変な事しないだろ」

「え?」


 —— 桜川先輩がもう俺に絡んで来なくなるように、あんな事言ったのか……。 だよな、俺に本気とか、ないよな?


「さて、腹も膨れたし、勇樹も帰ったし、ちょっと眠ろうか」


 少し休んだ方がいいから。と、話しながら、みっきーは俺の手を引いて歩き出す。
 確かに寝不足で、疲れもピークになっていて、俺は素直にみっきーの言葉に甘えることにした。

 螺旋階段を下りて、一番奥の部屋が寝室だった。


「デカっ」


 部屋に入ると、すぐに目につくのが、中央にデンっと置いてあるキングサイズのベッド。
 そんな大きなベッドが置かれているのに、圧迫感なんて感じない広い部屋には、ベッドの他にヨーロピアンなナイトテーブルや、ソファーが置かれていた。

 肌触りの良いシーツを掌で撫でて、ベッドに上がって、心地よいスプリングに身を委ねると、何とも言えない安心感を感じる。


「すげえ、このベッド気持ちいい……」


 もう、眠る気満々の俺は、うっとりと瞼を閉じかけていたんだけど……。
 近くで衣擦れの音がして、細く目を開けると、みっきーが部屋着を脱いでいる姿が目に入った。


「ちょっ、何全部脱いでるのっ?」


 俺は、慌てて起き上がってデカいベッドの端の方に飛び退いた。 —— 殆んど反射的な行動だったと思う……。


「え? 俺もちょっと眠りたいから」


 そう言いながら、残り一枚のボクサーパンツまで脱ぎ捨てるみっきー。


「え、ちょっ、だからって、なんでパンツまで脱いでるんだよ」

「ん? いつも寝る時は、何も着ないんだけど……?」


 真っ裸のみっきーがベッドに上がると、微かにマットレスが揺れる。 伝わる振動に思わず怯える俺。


「やだなぁ、何を期待してるのかな、直は」


 何もしないからと、抱き寄せられて、そのまま抱き合う形で横になったんだけど……。

 みっきーの体にぴったりくっついているから、鼻先を裸のみっきーの胸に埋めた状態で、目の前に広がるみっきーの厚い胸板に、顔が熱くなってしまう。


「い、いつも、何も着ないで寝るの?」

「そうだよ、なんか締め付けられてる気がして嫌なんだ。 特に下着がね……」

「デカいもんね……、みっきーの」


 俺がそう言うと、みっきーが、わざと腰を密着させてくるから、みっきーのデカいアレが俺の股間に密着して……、って…… !


「ちょ…… っ何硬くしてるんだよっ」

「ごめんねぇ、暴れん坊だから、俺の」


 言いながら、クスクス楽しそうに俺の頭の上で笑ってる。


「大丈夫だよ、何もしないって言ってるだろう? 直はゆっくり休んだ方がいいし、俺もさすがに疲れてるからさ。 暴れん坊も眠ったら鎮まるから、気にしない気にしない」


 宥めるように、俺の髪を撫でてくれる手が気持ち良くて、強張っていた身体も力が抜けていく。


「直……」

「んーー?」

「さっき勇樹に言った事、本気だから」

「…… ん…… ?」





fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿