2017年9月29日金曜日

『出逢えた幸せ』第三章:身体と愛と涙味の……(21)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第三章:身体と愛と涙味の……(21)



ブログ版↓




 *******

 ……なお、なーお! ……

「……う……ん」

「起きて、なおっ」

 ペチペチと頬を叩かれて目を開けたら、視界いっぱいにみっきーの顔。なんでか唇を塞がれて、みっきーの舌が思いっきり俺の咥内で暴れてる。

「ん、ん……ッぃー!」

 名前を呼んだけど、思った通りに喋れなくて!

「ぷはッ……はーーッ、もっ、何やってんだよ……。窒息するかと思った……ッハァ……」

「何って、やっぱりヒロインは王子様のキスで目覚めるのが定番だから?」

 アホな事を言いながらも、チュッチュッとリップ音を立ててキスの雨を降らすみっきーの顔を掌で押しのけて上体を起こし、部屋がすっかり薄暗くなっているのに気が付いた。

「あれ、今何時かな」

「5時過ぎたとこ。 そろそろ準備して、俺、店に顔出さないと。 ちょっと早いけど夕飯食べる? シチューがあるんだけどさ」

「うん、食べる。」

 なんか、寝ていただけなのに、お腹が空いてる。

「食欲あるんだ。身体の具合どう? 熱も下がってるみたいだね」

 そう言ってみっきーは、自分の額を俺の額にコツンと当てた。

「うん、痛みもないし、随分身体が軽くなったかも」

「それは良かった。じゃ、おいで」

 差し出された手を取ると、ギュっと握られた瞬間に引っ張り上げられて、俺はみっきーの腕の中にすっぽりと入ってしまう。

「大好きだよ」

「……」

 耳元で囁かれて、すぐに応えを返すことが出来ないでいる俺のこめかみに、キスをひとつ落として、みっきーはにっこりと微笑んだ。

「じゃ、シチュー温めるね」

 そう言って、俺の頭をポンポンと軽く叩いて、部屋を出て行くみっきーの背中に、「俺も、手伝う」と、言って、慌てて後を追いかけた。


 —— ごめんみっきー……俺、何も言えなくて……。



******


「シチューも、作り置きしてたの?」

 いったいいつの間に用意したんだろうと思って尋ねれば、温かな湯気を立ち昇らせているシチューをディーププレートに盛り付けながら、「いや、これはさっき勇樹が持ってきてくれたの」と、みっきーが答えた。

「母親に、たくさん作ったから俺のところに持ってけって、言われたんだって」

 —— ああ、あの紙袋そうだったんだ。

 テーブルには、クリームシチューと、みっきーが手早く作ってくれたアボカドとサーモンのカルパッチョに、ガーリックトースト。どれも美味しそうで、腹がキュルルと音を立てた。



fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿