2017年10月26日木曜日

『出逢えた幸せ』第三章:身体と愛と涙味の……(25)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第三章:身体と愛と涙味の……(25)



ブログ版↓



 逢えて嬉しい。 一目散に駆け寄って、抱きつきたいほどなのに。
 逢うのが怖い。 それを掻き消してしまうような不安が入り混じる。

 ―― どうしてここに?

 頭を過ぎったのは、今日の昼前、交差点で見かけた透さんの姿だった。

 あの時透さんは、俺に気付いていたんだろうか……。

 一瞬の戸惑いに、凍りついたように立ち竦んでしまった足を、一歩、また一歩と前に進ませて、透さんへと少しずつ距離を縮めていく。

 近づけば近づくほど、段々と透さんの顔がはっきり見えてくる。

「透さん、どうしたの?」

 声をかけると、透さんの顔は微笑んだように見えたのに、どこか寂しそうな影を帯びているように感じるのは、辺りの暗さのせいだけだと良いんだけど。

 ふっと、透さんの視線が逸らされて、俺の後方へ向けられる。

 はっ、と気付いて、俺は後ろを振り返り、透さんの視線の先を追った。

 学生専用の小さなワンルームマンションだから、駐車場と言っても、スペースはかなり狭い。

 さっき、みっきーの車が停まっていた駐車場の入り口付近は、透さんの立っているエントランスの前から一直線の所にあって、そんなに距離は無い。

 ――まさか……。

 俺は、駐車場の入り口と透さんとを何度も交互に見て、オロオロと落ち着きなくプチパニック状態だ。

 ――さっきの、見られた?

 車を降りる間際の、濃厚とも言えるキス。
 あのキスを仕掛けてくる前、みっきーは一瞬、助手席の窓の向こうに視線を向けたように見えた。
 まさか、みっきーは知ってた? 透さんがここに立っていたのを!

 ――いやいやいや……みっきーは透さんの顔を知ってる筈ないし……、思い過ごしか……。

 問題は、透さんに見られたか、どうか、だ。
 でも、車の中だし……暗いし、そこまで見えなかったかもしれないし……。

「……直くんこそ、どうしたの?挙動不審だよ?」

「え? え、あ……、いや、……」

 慌てて言葉を濁す俺に向けられた笑顔は、いつもの優しい透さんで、少しホッとする。

「昨夜、飲みすぎたみたいだったから、二日酔いとか大丈夫かなと思って、様子見に寄っただけだよ」

「え、あ、二日酔いは全然、大丈夫。あ、あの、どれくらい待ってたの? 携帯に連絡くれたらよかったのに」

「そんなに待ってないよ。それに俺も突然思い付いて、来ちゃっただけだからね」

 そう言って透さんは、スーパーの袋を俺の目の前に持ち上げる。

「食欲、ないかなーと思って、苺なら口当たりもいいし、買ってきた。 食べれる?」

 袋の中を覗くと、大振りでツヤツヤしていて、甘い匂いがしていて美味しそうで、口の中に唾が溜まる。

「すごい美味しそう。 すみません、わざわざ……」

 透さんの手から、苺の入ったスーパーの袋を受け取ろうとして、一瞬、お互いの指先が僅かに触れ合った。ただそれだけの事なのに、なぜかドキっと心音が鳴り、身体が小さく震えてしまった。

「直、くん……」

 少し遠慮がちな、透さんの声が、俯いていた俺の頭上に落ちてきて、――やっぱり何か言われるんじゃないかって思っていた。

 何となく、別れ話を持ち出す前の雰囲気に似ているような気がして。付き合ってるわけじゃないけど、でも……何か良くない予感はしていた。

「……部屋に、入れてもらえないのかな」

 その言葉に、ああ! 俺って、何て気が利かないんだって気が付いた。こんな寒い所でずっと待っていてくれたのにって。

 でも、透さんの顔を見上げれば、漆黒の瞳がより一層その色を深くしている。

 さっき感じた予感は、当たってるんじゃないかって、また押し寄せてくる不安を振り払いたかった。

「いや、そんな事ない! 上がっていってください。あ、でも……」

「でも?」

 透さんの部屋に比べたら、もうおもちゃ箱みたいな小さな部屋だし、しかも昨日出掛ける時に、脱ぎ散らかした服とか色んな物が散乱しているのを思い出して、躊躇してしまった。

「あの……本当に信じられないくらい狭いし、ものすごく散らかしてるけど、驚かない?」

 恥ずかしくて上目遣いに見上げると、透さんはくすっと小さく笑って、「……驚かないよ」と、言って、目を細めた。


fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿