2017年10月26日木曜日

『出逢えた幸せ』第三章:身体と愛と涙味の……(26)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第三章:身体と愛と涙味の……(26)



ブログ版↓



 ちょうど、来客用の駐車スペースが空いていたので、透さんの車を移動してもらってから、俺の部屋に向かう。
 マンションとは名ばかりで、エレベーターも無いから、5階の俺の部屋までは階段を使うしかない。 幅の狭い階段を、俺が先になって上がって行く。

「階段しか無いなんて、信じられないよね?」

「まぁ、健康にはいいよ」
 
 後ろを振り返れば、透さんはそう言って、余裕な笑顔を向けてくれる。

 いつもと何も変わらない。と、思う。

 さっき感じた不安は、やっぱり俺の杞憂にすぎなかったんだって、内心ホッと胸を撫で下ろしていた。

 漸く5階の俺の部屋の前に辿り着いて、鍵を開ける。

「ちょ、ちょっと待ってね……」

 細くドアを開いて、自分の部屋を覗き見ると、昨日から窓も開けていない部屋の、ムッとした匂いが流れてくる。――うわっ、これは思ってた以上に恥ずかしいかも!

「直くん? どうしたの?」

 後ろから、透さんもドアの隙間から覗き込んだから、焦ってしまう。

「あ、ああ、いや、なんでも! やっぱり部屋、汚いかもって、あああっ」

 慌てる俺に、透さんは笑いながら、「男の子だもんね」と、後ろからドアに手をかけて全開にすると、躊躇している俺より先に、「お邪魔します」って、部屋の中に入って行ってしまう。

 中に入れば、玄関脇に申し訳程度のキッチンが付いているだけの、部屋の全貌が丸見えな、ワンルーム。

「あー、もう、本当に狭くて汚いけど、どうぞ」

 二人で小さな玄関で靴を脱いで、透さんのコートをハンガーにかけて部屋を見渡すと、あまりの散らかりように、足の踏み場もない。

 ローテーブルの周りに散らかっている雑誌を慌てて片付けて、クッションを置いて、取り敢えず座ってもらえるスペースを作った。

「あ、苺、透さんも食べるでしょ? 洗ってくるね」

 苺の入った袋を小さいキッチンのワークトップに置きながら尋ねると、透さんは目を細めて微笑みながら頷いてくれた。

「あ、そだっ、えーっと、コーヒー淹れるね。でも、インスタントしかないけど……」

 と、言ったものの、いつも整理整頓していないから、何処に置いたっけ、コーヒーコーヒー …… って、シンク上の吊り戸棚とか食器棚の扉とか、開けたり閉めたりして、あちこち探す羽目になってしまう。

「あ、あった、あった」

 言いながら、ケトルにペットボトルの水を入れて、コンロにかけて……。

「えーと、それから……苺、苺!」

 バタバタしながらボールに苺を入れて洗おうとしたところで、不意に後ろから抱きしめられて、驚きで身体が強張った。

「と、とおるさん……」

「そんなに慌てなくていいよ」

 背後から耳元に囁いて、そのまま項に唇を寄せられて、ピクンと身体が震えてしまう。

「……煙草……」

「え?」

「煙草の匂いがする……」

「……あ……」

 透さんのひと言で、一瞬にして身体が凍てついたように動けなくなってしまった。

 ――それは、みっきーの吸っていた煙草の残り香に違いなかったから。


fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿