2017年10月28日土曜日

『出逢えた幸せ』第三章:身体と愛と涙味の……(28)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第三章:身体と愛と涙味の……(28)



ブログ版↓




 額を俺の肩に押し付けて、顔は俯いているから見えないけれど、俺の肌に残る無数の痕に透さんの表情が曇っていくのが、はっきりと分かった。

「ここも愛してもらった?」

 金属音を立てながら、ゆっくりとベルトが外されて、ジーンズの前を寛がせた透さんの手は、そのまま下着の中へと滑り込む。

「……ッ」

 こんな状況だというのに、もうさっきから形を変えていた半身が、この先を期待して更に硬度を増した。

 透さんは、ずっと俺の肩に顔を埋めたままで、目を合わせてはくれない。物腰は静かで優しいけれど、透さんから滲み出る空気は凍てつくように冷たい……。

 下着の中に忍ばせた透さんの手は、俺の中心に指を絡め、焦れる程の緩さで上下させている。俺はもっと刺激が欲しくて、腰が自然に動きそうになるのを必死に堪えていた。

 焦らすように上下させている手はそのままに、透さんのもう片方の手が後ろに回り、双丘の谷間を指で辿るように触れられて、体が震えた。

「……あ……」

 指はその奥へと進み、入り口を確かめるように撫でられて思わず声を漏らせば、透さんは俺の耳元に冷めた声で囁いた。

「気持ちよかった?」

「……え?」

「あの人のセックス、どうだった?」

「……」

 抑揚のない声。透さんの言葉は胸の奥を容赦なく抉る。返す言葉なんて見つからなかった。

 また俺の肩に顔を埋めて、透さんの両手は下着の中でじれったく動く。

「……ァ……とっ……る、さんっ……」

 入り口を僅かに触れる緩い刺激がもう堪らなくて、我慢できなくて、思わず透さんの指にそこを擦り付けてしまう。

 昨夜、何度もみっきーを受け入れたそこは、柔らかく透さんの指に吸い付いて、物欲しげにヒクついているのが自分でも分かった。

「……足りない?」

 そう言うと、今まで入り口辺りを焦らすように動いていた長い指が、ローションも何も付けずに、いきなりツプッと挿ってくる。

「……あッ……ぅ……ッ」

 少しの痛みが後孔に走って、小さく呻き声が漏れた。

「……柔らかいね」

「……ッ!」

「少ししか触っていないのに、こっちはもうこんなに濡れているし」

「…… ぁ、」

 見なくても分かっていた。俺の半身は、焦らされる刺激だけで、もう蜜口から透明の液体をだらだらと流してしまっている。

「好きなんだね、セックスが」

 言われた言葉に言い返すことも出来ずに、カッと顔が熱くなった。

「抱いても……いい?」

 俺の返事を待たずに、透さんは先走りを指に絡めると、後孔にその僅かな湿り気を擦り付けていく。


fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿