2017年11月1日水曜日

『出逢えた幸せ』第三章:身体と愛と涙味の……(31)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第三章:身体と愛と涙味の……(31)



ブログ版↓



「……透さんだって……」

 やりきれない思いが一気に押し寄せてきて、声が震えてしまう。 俺は唇を噛み締めて、透さんを見上げた。

 背中を向けて服の乱れを整えていた透さんが、ゆっくりと俺の方へ振り向いて……、それで漸く目が合った。

「……俺が、何?」

 透さんの暗く冷えた眼差しと、抑揚のない冷めた声に、俺の心も凍りついていく。

「俺の事、好きでもないくせに……ッ」

 本当はこんなこと、言いたくなかった。

 自分の言った言葉に、胸が締め付けられる。

 この感情が、怒りなのか、哀しみなのか、自分でも分からなかった。

「他に好きな人がいるのに、俺を抱いたくせにッ」

「……他に好きな人って?」

 透さんは、一瞬考えるように眉根を寄せる。

「……いつも一緒にカフェに来ていた綺麗な人だよ! もう彼女は結婚したのに、まだ写真を部屋に飾ってて、昨日は腕を組んで歩いていたし……ッ」

 そこまで言って言葉が続かなった。 堪えていた嗚咽が漏れてしまいそうで。 
 ほんの数秒、二人の間に重い沈黙が流れた。

 その空気を先に破ったのは、透さんだった。

「……直くん、あの子はそんなんじゃ……」
「だからっ!」

 言い訳とか訊きたくなくて、なんか怖くて、気が付いたら透さんが言いかけた言葉を遮るように叫んでいた。

 もう何がなんだか分からなくなってきて、さっき見た透さんの冷たい瞳で、これ以上何か言われるのが堪えられなくて。

 俺はきっと臆病なんだ。 子供なんだ。 だから……もう……。

 携帯を取り出して、透さんの連絡先を表示させる。

「……俺、もう、連絡しないっ、もう透さんには会わないっ、」

 透さんの目の前で 表示された連絡先を削除した。続いて受信履歴も全部消していく。

 携帯を操作する俺の頭の上で、……わかった……と、小さく掠れた声が落ちてきた。



 ***



 透さんが、コートを羽織り身支度をしているのを、俺は俯いたまま気配だけを追っていた。

「……ごめんね、直くん」

 玄関で靴を履くと、俯いたままの俺に透さんは静かに声をかけてきた。

「帰るね」

 ドアのノブを回す音に、(ああ、行ってしまうんだ)って胸が苦しくなっているのに、顔を上げることも出来ないでいる。

 外の喧噪が小さく聞こえてきて、ドアが少し開けられたのが分かる。

「直くん、最後に誤解だけは解きたいから言わせてね」

 さっきまでの冷めた声じゃなくて柔らかい声音に、縋り付きたい衝動を抑えて、更に俯いてしまう。

「……いつも一緒にカフェに行っていたのは、俺の妹だよ」

 ――え……?

 聞き間違えたのかと、思わず顔を上げて、ドアから出て行く透さんを目で追った。

 最後に俺の目に映ったのは、閉まる寸前のドアの隙間から見えた、透さんの憂いを含んだ瞳。

 パタンと音を立ててドアが閉まってしまう。

 立ち上がって、追いかけて、『今、なんて言ったの?』って、透さんの腕を掴んで引き留めたいのに……。

 透さんの靴の音が階段を下りて段々小さくなっていくのを、俺は身動きもできずに、ただ耳で追っていた。

「ズボン……穿かなきゃ」

 下半身に何も付けていない状態に、乾いた笑いが込み上げてくる。
 立ち上がるとシンクに洗いかけの苺。

「一緒に食べようって思ったのに……」

 ひとつ摘んで口へと運ぶ。 大振りの苺は一口では食べれない。
 歯をたててかじると、甘い果汁が頬に飛んだ。

「なんかこの苺、しょっぱいよ、透さん」

 指で摘んだ食べかけの残りを、口の中へ放り込む。
 ポタポタと水滴が頬を伝って、シンクの中に落ちていった。

 あれ?
 俺、なんで泣いてんの。

 哀しくなんてない。

 哀しくなんてない、のに。

 ―― 透さんに貰った苺は、涙の味がした。



fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿