2017年11月11日土曜日

『出逢えた幸せ』第四章:想う心と〇〇な味の……(3)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第四章:想う心と〇〇な味の……(3)



ブログ版↓



 **

 まだオープンして直ぐの時間帯だからか、カウンターに一人と、ボックス席に二人の客が座っているくらいで、店の中は静かだった。

 アーリーアメリカン調の店内は、ダメージ感のあるウッドな質感の腰壁やカウンターに、暖かみのある柔らかいライトが、外の雑踏から隔離されたように落ち着いた気分になる。

 透さんと最後に逢ったあの日から、みっきーに連れられて、時々この店に来るようになったから、スタッフの人とも顔馴染みになっていた。

 カウンターの中から、バーテンダーの森岡さんが「直くん、いらっしゃい」と、笑顔を向けてくれる。
 歳は、多分……みっきーより年上だと思う。

「こんばんは」

 当たり前のようにカウンター席に座ろうとすると、「直、こっち」と、みっきーが店の奥にあるスタッフルームのドアの前に立ち、俺を呼んだ。

「え? あ、うん」

 座りかけた椅子から離れて、スタッフルームへ向かおうとした俺に、森岡さんが「何かお飲み物、お持ちしましょうか?」と訊いてくれる。

「じゃあ、ジントニックにしようかな」

 俺が森岡さんにお願いしていると、みっきーも「あ、俺はコーヒーね」と、奥のドアから顔を覗かせた。

「みっきー、アルコールじゃなくてもいいの?」

「うん、後で直を送ってくから。あ、森岡さん、それと、ちょっとなんかサンドイッチでも作ってくれる?」

「え? いいよ、俺は電車で帰るから」

 慌ててそう言っても、どうせ自分も帰る時に車を運転するから同じ事。って言いながら、みっきーはスタッフルームへ入っていってしまう。

 ——みっきーが飲まないのに、俺だけっていうのも気がひけるな……。

「あー、すみません森岡さん、じゃあ、俺もコーヒーで!」

 俺が振り向いて言い直せば、森岡さんは、にっこり笑って腰の辺りでOKのサインを出していた。

 **

 この店のスタッフルームに入ったのは、新年会の時以来だった。

 一人掛け用の肘掛の付いた椅子が3脚とテーブルと、小さめのクローゼット。細長い部屋の一番奥の窓際に、二人が座れるくらいの小さめのソファーが置いてある。

「直は酒呑めばいいのに」

 みっきーは、一人掛け用の椅子にドカッと座って、煙草に火を点けながらそう言うと、傍に立った俺を上目遣いに見上げる。

「だって俺、未成年だし。保護者が呑まないんじゃ、ね?」

 ちょっと冗談っぽく言ってみたら、みっきーは、ぶーっと、吹き出すように紫煙を吐き出して、「なにそれ、俺は保護者なわけ?」って咳き込みながら笑っている。

 俺も一緒に笑いながら、隣に並べてあった椅子に腰を下ろす。

 みっきーは、話したい事があるって言ってたけど、改まって何だろう? そう思うけど、みっきーはなかなか本題に入ろうとはしない。

 暫く他愛のない事を話していると、森岡さんが二人分のコーヒーと、みっきーが頼んだサンドイッチを持ってきてくれた。

「どうぞ」

「ありがとうございます」

 コーヒーとサンドイッチをテーブルに置いて、部屋から出ようとする森岡さんに、みっきーが声をかける。

「ああ、ちょっと直とゆっくり話をしたいから、ここ、誰も入らないようにしてくれる?」

 誰も入らないようにって、そんなに大事な話なんだろうか……。
 いったい何ごとだろうと、コーヒーカップに口を付けながら、俺はみっきーの表情を窺った。



fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿