2017年11月13日月曜日

『出逢えた幸せ』第四章:想う心と〇〇な味の……(5)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第四章:想う心と〇〇な味の……(5)



ブログ版↓




 だから……、

『直くんは、男の俺にこんな事されるの、嫌?』

 そう訊かれて、透さんとならいいって思った。

 甘い生クリームの味のするキスをして、それから……もっともっと、透さんのことを知りたいと思った。

 クリスマスイブのあの夜から、まだ1ヶ月しか経っていないのに、もう随分前の事のように思えるし、逆につい昨日の事にも思える。

『直くんは? どう思ってる? 俺のこと』

 …… あの時そう訊かれて、ちゃんと答えていなかったけど……、俺は…… 透さんのこと……。

 **

「おーい、直?」

「…… あ、…… あっ、ごめん、ボーっとしてた」

 今、完全に頭の中が透さんでいっぱいになってた。 ……みっきーと話をしていたのに。

「今……、何考えてた?」

「…… 何も……」

 ばつが悪くて、目を逸らせば、みっきーの両手に頬を挟むように固定されて、強制的に視線を合わされた。

「透さんの事でも、思い出した?」

「……そんな事……」

 ないって言いかけた俺の唇に、みっきーの唇が軽く触れる。

「ちょっ」

 俺は、慌ててみっきーの手から逃れようと首を横に振ってみたけど、みっきーが顔を近づけてきて、また唇を重ねられてしまう。

 抗議の声をあげると、唇の隙間から舌がするりと挿し入れられた。熱の籠った舌先が、咥内をねっとりと快感を誘うように蠢く。

 力が抜けそうになるけど、俺は渾身の力を振り絞り、みっきーの身体を撥ね除けた。

「みっきー! 無理やりにはしないって言ったじゃないかっ!」

 反動で床へと転がった俺に、すかさずみっきーが覆いかぶさってくる。

「ちょっ、ふっざけんなって!」

 バタバタと暴れる腕を掴まれて、床に縫いとめられた。

「ふざけてなんかないよ、直」

 やけに冷静な声で耳元に囁くと 耳朶を甘噛みされて、背中が粟立った。

「……あっ、ん、も……やめろって!」

 いったいどうしちゃったんだ。 こんな無理やりやるような事は、今までなかったのに。

 体重をかけられて、身じろぐ事すら出来ずに、また唇を塞がれて咥内を深く侵される。

 舌を吸い上げて、上顎をなぞり、唾液の水音を立てながら、俺のニットとシャツをたくし上げ、みっきーの手が強引に服の下へ入ってくる。

「…… っ、ん――ッ!」

 力では抗えないもどかしさと、なんで急にこんな事という思いで、目尻に涙が溜まっていた。


fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿