2017年11月5日日曜日

『出逢えた幸せ』第四章:想う心と〇〇な味の……(1)

\
 ★画像クリックで目次ページ



fujossyで読む ←(本編完結。番外編&本編の透視点置いてます)


第四章:想う心と〇〇な味の……(1)



ブログ版↓



 冬休みも終わったら、あっと言う間に後期試験が始まる。

 レポートの提出期限も迫っていたので、あれから俺は結構真面目に学生していた。

 気が付いたら透さんの事を考えてしまうから、今は勉強に集中できる環境がちょうど良いくらいだった。

 試験が終わるまではバイトも減らしていたけど、金曜日は意識して入らせてもらっていた。もしかしたら……、透さんに会えるんじゃないかって…心の何処かで思っていたから。

 でも……、って言うか、やっぱり透さんがカフェに現れる事はなくて。

 会えたとしても、どんな顔していいのか話しかけていいものか分からなかったから、透さんが来なかった事に、少しホッとする自分もいたりしている。

 逢いたいけど、会いたくない。

 会うのが怖いけど、逢いたい……。

 自分でもよく分からない気持ちを抱えたまま、日々は平常通り何もなかったように過ぎていく。

 前と少し変わった事と言えば……、女の子に誘われても、断るようになった。

 今まで遊び過ぎていた俺が、突然誘いに乗らなくなったからか、いつの頃からか『直には本命の彼女ができた』って噂まで流れていた。

 啓太に、『誰だよ?!』って、何度もしつこく訊かれたけど、彼女なんていないって言ってるのに、なかなか信用してくれない。

「ま、まさか……ゆり先輩じゃないよね?」

「違うよっ! 絶対ないから!」

「ホントに?信じていい?」

「……?」

 なんか……、啓太の言い方に、違和感……。

「啓太……、お前……ゆり先輩と何かあった?」

「えっ? いや? べ、別にないけど……、あ、えーと……うん、ゆり先輩と直って、なんか仲良かったじゃん? だからさ……」

 なんか、心なしか顔を赤らめている啓太に、疑惑がどんどん大きくなる。

「啓太、ゆり先輩とヤッた?」

「……!!」

 みるみる耳まで真っ赤になる嘘がつけない啓太に、俺は溜め息を吐いた。

 こいつ……うちの姉貴を好きだった事と言い、ゆり先輩と言い……、もしかして押しの強い女が好きなのかな。

「んで? 付き合ってるんだ?」

「んー、あー、もう、バレちゃったらしょうがないよねー。えへへへへ」

 何がえへへだ! 俺には、あんまり独り占めすんなとか、言ってたくせに。

「いつからだよ」

「ん、えーと、サークルの新年会の日……かな……」

 なっ、なんと! 驚愕の事実…… !

「あのさ、啓太」

「……ん?」

「……いや、その……」

 絶対コイツ、ゆり先輩に振り回されてんだろうなーって、思うけど……満面の笑みで、いかにも幸せって書いてありそうな啓太の顔を見てたら……。

「……今、幸せですか?」

 ……なんて訊いてしまっていた。

「まぁな~♪」 とか言いながら、鼻の下伸ばして顔中が緩んでるから、もう俺、何も言わずに影ながら応援する事に……する。

 あと一つ、前と変わった事と言えば……。

「なーーーおっ! なーお!」

 突然……と、言うか、まあ、いつもの事だから予想はしてた……けど、遠くから俺を呼ぶ声が聞こえてきて、(またか……)と、苦笑しながら、ちょっと大げさな溜め息を吐いた。

「……みっき……」

 もう毎度の事で慣れたけど、ちゃっかり大学の門の所で待ち構えて、デカイ声で名前を呼ぶのはやめてくれ。

 宣言通りみっきーは、こうして大学やバイト先まで迎えに来たりして、その度に愛の告白をしてくれる。



fujossyで読む←(本編完結済。番外編と本編の透視点置いてます)

目次
 
ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿