2015年11月26日木曜日

R18BL短編『うそつき』(12)


はじめて読む方は、こちらから。




(12)



広げさせられた脚を、肩に担がれて、挿入の角度が変わる。

 唇に押し付けていた手は、シーツに縫いとめられた。


「愛してるよ、千聖。」


 嘘の言葉を吐きながら、口づけられる。

 嘘だと分かっているのに、俺の身体は、その言葉にいちいち反応して、勝手に熱くなっていった。

 西脇さんにとっては、ただの遊びで、俺は…… ただ、騙されて無理やり快楽を教え込まれているだけで。

 ここには、愛なんてものは無いのに。

 西脇さんは、嘘をたくさん吐きながら、俺の身体をこれ以上ないくらいに優しく抱いた。

 俺も……いつの間にか、その優しい嘘に……悦んで、騙されていた。

 ただの嘘だと、分かっていたのに。



       *



 ―― 遠くで、話し声が聞こえてきて、意識がゆっくりと浮上する。

 声…… ああ、そうか、俺……西脇さんに……。

 重い瞼を開けると、シャワーを浴びたのか、腰にバスタオルを巻いた西脇さんが、携帯を耳にあてて立っている姿が見えた。


「―うん、今から帰るよ。…だから、今日は催事応援だったから、遅くなったんだよ。ああ、飯は要らない。」


 通話を終えて、携帯をソファーに放り投げて、さっさと服を着始める西脇さんを、俺はボンヤリとした頭で眺めていた。


 ―― あれ?帰るのかな。じゃあ、俺も……。


 だけど、起き上がろうとすると、腰に鈍い痛みを感じて、またうつ伏せのままシーツの海に沈む。


「あ、起きた?」


 それに気付いた西脇さんが、此方へ近付いてくる。


「俺、帰らないといけないんだけど、千聖はゆっくり泊まっていきなよ。」


 そう言って、ポンっと携帯を枕元に投げた。


「……え?」


 それは、西脇さんのではなくて、俺の携帯。





続きます。。



next←(12)→prev

目次


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ





0 件のコメント:

コメントを投稿