2016年1月30日土曜日

R18ssリレー『サクランボとクリスマス』(10)


★初めて読む方は、こちら から ↓

http://swepara.blogspot.jp/p/blog-page_17.html

tonberi & zu-cha 140SSリレー
『サクランボとクリスマス』

青い字が、tonberi
赤い字が、ずーちゃ です。


続きからどうぞ…↓









 李央が抽挿する度に、半身に襞が纏わり追い縋り、そして甘美に締め付けられる。

 何度も針が振り切れそうな限界を感じて、伊織は溜まらずに李央の腰に添えていた手に力をこめてしまう。


「あぁっ、待っ、イきそ…」


 まだ始まったばかりなのに、もう自身を見失いそうになっていた。

 まるで抱かれているような伊織の縋る表情に李央がニヤリと笑う。


「ふっ、ッ…中でイっていいよ」


 伊織の下腹部と李央の肌がべったり合わさると、李央は腹と後孔に力を入れ中を締めると抉るように腰を回し伊織を追い上げる。

 李央の腰骨を掴む伊織の指先が、皮膚に食い込み爪が白くなる。

 李央に与えられる今まで感じた事のない程の激しい快楽に思考が揺れる。


「あっ、あぁあ!リ…オ、李央、」


 何度も李央の名前を呼んで、全身を大きく震わせた。

 知らずに李央の肌に深く爪を食い込ませたまま、ギュッと閉じた瞼の裏に閃光が走る。


「ーーッくー」


 身体を揺らしながらハッハッと息を吐く李央は、己の身体に溺れていく相手の様を見下ろせ気分が最高だ。

 痛いくらいに食い込む指の感触すら快感にすり替える。

 苦し紛れに李央を呼ぶ伊織の顔が歪み腰が上へ押し付けられる。

 開放感に伊織が息を呑んだ瞬間、体内に広がる熱に李央は唇を舐めた。

 全てを李央の中へ放ち、全身が弛緩して、李央の腰を掴んでいた手もだらりとシーツに落ちた。

 見下ろしてくる李央の余裕の眼差しに、胸の奥がツクンと傷んで目尻に涙が滲む。

 過ぎた快感に身を委ね、あまりにも早すぎた事が情けなくて。


「ごめん李央。僕じゃ物足りないよね?」


 「悔しい?」


 愉しそうに李央が聞くと伊織は黙って頷く。


「なら、」


 この程度で終わらす気などない李央は、上体を起こしつつ伊織の手を取り引っ張り、身体を起こすと自分は後ろへ倒れていく。


「今度は伊織が動いて。」


 伊織が李央に覆い被さり、伊織のモノが抜けて緩んだ穴を、脚を開き晒した。

 紅く染まった入り口が誘うように収縮し、たった今伊織が放った白濁がトロリと溢れてシーツを濡らす。

 伊織からすれば、李央は大人の男で、目の前に広がる悩ましい光景に、達したばかりの体内の血が沸き立っていく。

 夢中で李央の腰を抱えると、硬度を保ったままの切っ先をそこへ押し付けた。

 伊織が腰の下に入り込んできたかと思えば、少し乱暴に李央の内股を押さえ一気に体内を突いた。


「アアッ伊織ッ──」


一番好きな所を堅い亀頭で何度も攻められ、ゾクッゾクッする快感が腰から背筋に駆けて李央は首筋を伸ばす。

 真上から気配を感じて薄目を開けてみれば、伊織と目が合った。

 あの李央が、伊織の下で白いシーツに黒髪を散らし、喉を反らして忘我の声をあげている。

 自分の体で李央が感じてくれていることが嬉しくて


「気持ちいい?」


 グレーの瞳を見つめてそう言うと、返事を待たずにその喉元に痕を残し、膝裏を押し上げながら上体を伸ばして李央の唇を塞ぐ。





続きます…


next← (10) →prev




ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

0 件のコメント:

コメントを投稿